読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕と嫁と義母タカコの成霊日記

神戸に住む普通の僕と憑依体質の嫁と強力霊的パワーを持つ義母タカコとで繰り広げる浮かばれない霊たちとの交流日記! それぞれの霊たちのストーリーをブログでお届けします。 ※これは霊たちのリクエストでもあり、記録として伝えてほしいということなのですが、マジメに書くとなんとなく恐いので、明るくライトに書き綴ります。

ジーダブリュー ⑴ 寝違えました、嫁が

いよいよ明日からGW(ジーダブリュー)の連休が始まりますね。

 

私も休みのための時間を作るために、せっせと残業をして仕事にケリを付けて帰りました。

 

かなり帰りが遅くなりましたが、「今から帰るデー」のメールを嫁に送ると、「首を寝違えてシンドイ〜」とのこと。

 

「首を冷やして先に寝といてなー」とメールを送り、それから30分後くらいに帰宅しました。

 

いつもなら先に寝入ってる嫁がまだ起きてました。

 

「ものすごく首が痛くて寝れない」

 

痛み止めのロキソニンを飲ませ、首に湿布を貼って寝かそうとしたけど、「横になると辛いからこのまま座ってる」というので、僕も一緒に座ってました。

 

しばらく嫁と話をしてたのですが、だんだん嫁の声が別の人の声になってきました。

 

(p_-)

 

「あぁ、久しぶりに誰か憑いたな…」と思ったので、優しく嫁の背中をさすってあげると、ものすごく泣き出しました。

 

そして、手を握りこぶしにして、手のひらを広げたくても固まって広がらない。

身体も固まってしまって、腕も動かない。

 

なんでも、薬の影響からか、その後遺症で身体が不自由になってしまい、全身が痛くて痛くて亡くなってしまった女性の霊でした。

 

そして、嫁に辛い思い(首の痛み)をさせて、「ゴメンなさいゴメンなさい」と何度も謝ります。

 

「あぁ、この人はいい人やなぁ」と思った私は、少し情にほだされてしまいました。

 

 

「明後日、義母タカコの家(嫁の実家)に行くので、それまで(嫁の中に)居ますか?」と言うと、「え?おっていいですか?あの方(義母タカコ)に会えますか?」と嬉しそうに言うので、「ええですよ。その代わり、それまでは大人しくしといてもらえますか? でないと、嫁が痛がって可哀想なので…」と言うと、「わかりました」と言って、安心して嬉しそうにされました。

 

と同時に、急に「ゲラゲラ〜〜」と笑いだしました。  (๑・̑◡・̑๑)  why?

 

「なにがそんなに面白いんですか?」と聞くと、「いや、今日の昼間、あなたの家のアルバム見てたら、あなた(僕)がピンクのセーターを着てる写真があったので、おかしくなってこの人(嫁)と一緒になって大笑いしてたんです。そしたら、ボクちゃん(息子)が、『パパの写真見てそんなに笑うのは失礼やろ!』と怒るから、余計におかしくて…アハハハハ〜〜(´༎ຶོρ༎ຶོ`) 爆笑 」と笑いながら、僕にアルバムの写真を見せてきました。

 

うん、確かにそのピンクのセーターはおかしいね。  

 

 

しばらくして、嫁の首の痛みを和らげてくれたのか、嫁ともども横になって寝てくれましたが、明日息子が起きたら、ホンマにそんなことがあったのか確認しようと思います。

 

明日もまたあの写真を見せられそうです。

 

隠しといたろか。

 

 

 

続く…