読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕と嫁と義母タカコの成霊日記

神戸に住む普通の僕と憑依体質の嫁と強力霊的パワーを持つ義母タカコとで繰り広げる浮かばれない霊たちとの交流日記! それぞれの霊たちのストーリーをブログでお届けします。 ※これは霊たちのリクエストでもあり、記録として伝えてほしいということなのですが、マジメに書くとなんとなく恐いので、明るくライトに書き綴ります。

やっぱりタダシちゃうんやね…

 

義母タカコがいる嫁の実家へ…

 

 

車の道中、なんどか黄色信号で行こうとすると、

 

「あんぜーん、運転ー!」と叫ぶ嫁

 

いつもは逆に、「イケー!」と言うのにおかしいなぁと思ってたら、やっぱり別の人でした。

 

なんでも、バスの運転手をしてた亡き親戚のおじさん。

通称、「五丁目」 ※別名、チョウやん。

 

あと、先日でてきた「タダシ」もでてきました。が! タダシではなく、「シゲル」さんでした。。だいぶん前に亡くなった方なので、名前を忘れてたそうですが、聴取していくと判明しました。

 

その後も、たくさんの方が出てこられました。

 

1. しおらしい子どもちゃん。イチゴの 飴ちゃんを欲しがる。

 

2. 超陽気なおっちゃん。タケノコと椎茸を欲しがる。

 

3. 控えめで真面目なご婦人。義母タカコが飼う犬を足蹴にしたら、ご立腹。※机に登って私のご飯を食べたから躾しただけです! 


4. 息子の歌を聞きたがる楽しいのが好きな女性。※息子も照れながら歌う。

 

5. 自分のことを、「幽霊、わたし幽霊」と言う自虐的なご婦人。

 

6. 「わたしは赤の他人ですよ。関係ナッシング!」とやたら若いシャベリをするが、実はそんなに若くないおじさん。

 

あとは覚えてませんが、裏山の墓園にいらっしゃる”浮かばれない霊”達でした。

 

我々が義母タカコの家に行くと、かならず”酒盛り宴会”なので、その雰囲気が好きで来てるようです。

 

しかし、今回は「そーっとしておいて欲しい、バレずにいたかった…」という想いが強かった方が多かったのですが、私が気づいてしまったので、「バラしやがって!」という私への当たりがキツーい方達でございました。

 

今朝はお墓に参って、色とりどりのお花と飴ちゃんなどをお供えして、スーパー銭湯に行って帰ってきました。

 

今週土曜日に、集まっている墓園の浮遊霊さん達をあっちに送り出す「送別会」兼「供養のイベント」をします。

 

「さよなら、みなさん!あの世で会いましょう。(^^)/」って、感じの垂れ幕作ろかな。