読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕と嫁と義母タカコの成霊日記

神戸に住む普通の僕と憑依体質の嫁と強力霊的パワーを持つ義母タカコとで繰り広げる浮かばれない霊たちとの交流日記! それぞれの霊たちのストーリーをブログでお届けします。 ※これは霊たちのリクエストでもあり、記録として伝えてほしいということなのですが、マジメに書くとなんとなく恐いので、明るくライトに書き綴ります。

歯の無いおっちゃん

 

僕ら夫婦はよくお酒を飲みます。

今夜も飲むつもりです。

胃が痛いです。

でも飲みます。

胃薬飲んででも今夜は飲みます。٩( ᐛ )و

 

そんな我が家ですので、今はお家に日本酒を置いてるのですが、数年前まで日本酒を美味しく思ってなかったので、家に日本酒はありませんでした。

 

そんなある日、晩御飯も終わり、テレビを見ながらくつろいでた時でした。

 

急に嫁が、「エヘヘヘ…」と笑い出しました。

 

どないしたん?」と嫁を見ると、明らかに違う人、かなりの「おっちゃん」が入ってます。(-.-)y-., o O

 ※あとの会話で、「おっちゃん」だと認識できました。

 

以下、嫁(おっちゃん)と僕との会話を再現します。

 

おっちゃん「ご主人、エヘヘヘ…」

 

「は、はい。。どちら様ですか(・・?)」

 

おっちゃん「いやぁ、ここはなかなか楽しいお家ですなぁ…エヘヘヘ

 

僕「あぁ、そうですか。まぁ、ゆっくりしていってください

 

おっちゃん「そうですか? じゃあお言葉に甘えて…あの、その、あれをもらえますか?

 

僕「あれ? あれって何ですか?」

 

おっちゃん「あれ、ほら、こうやって口に入れて、ほら…」

 

だいたいの浮遊霊は、熱いお茶を欲しがりますので、「あぁ、熱いお茶ですね?」と尋ねると違うと言います。

 

僕「うーん、何やろなぁ…どんな味ですか?」

おっちゃん「ほら、美味しくて、気持ちよーくなる奴ですわ。」

僕「あ! 酒ですね? なるほど…でも、日本酒とかないからなぁ…」

 

このおっちゃんはかなり前に死んだ霊なので、「」という言葉そのものを忘れてたようでした。

 

ということで、何かで貰った焼酎があったので、それを日本酒のようにストレートで出すと、

 

おっちゃん「そうそう!酒です、酒!これですわ。」と言って飲み出したとたん、「キ、キツイなぁ〜   (´ཀ`) 」とさすがの浮遊霊おっちゃんも焼酎のストレートは飲みづらかったようでした。

 

それをお湯で薄めてしばらく飲んでると…

 

おっちゃん「あれおまへんか? ほら、あのアテみたいなもん…」と言うので、スルメを出しました。

 

おっちゃんがムシャムシャ食べ出すのですが、同時にゲラゲラ笑いながら食べてます。

 

僕「どうしました?」

 

おっちゃん「いや、実はワシは歯がおまへんねん… アハハハハハハ (歯)〜〜」

 

と言って、ダジャレも交えながら盛り上がり、二人で遅くまで飲み明かしました。

 

♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪

 

今までたくさんの浮遊霊と交流しましたが、この時の「歯の無いおっちゃん」との二人飲みが一番楽しかったです。

 

不思議なもんで、お経も真言も唱えることなく、楽しく酒を飲んでるだけで、このおっちゃんは成仏していきました。

 

 

カンパーイ!