読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕と嫁と義母タカコの成霊日記

神戸に住む普通の僕と憑依体質の嫁と強力霊的パワーを持つ義母タカコとで繰り広げる浮かばれない霊たちとの交流日記! それぞれの霊たちのストーリーをブログでお届けします。 ※これは霊たちのリクエストでもあり、記録として伝えてほしいということなのですが、マジメに書くとなんとなく恐いので、明るくライトに書き綴ります。

法事…

先日、嫁方の実家の法事がありました。

 

僕はその前々日から仕事(海外からの来客アテンド)で行けなかったのですが、終わったころ位に嫁の実家に嫁を迎えに行こうとして、嫁に電話を入れました。

 

・・・繋がらない。。

 

「まだ法事の途中なんかな?」と思ってたら、嫁からコールバック。

 

でも、折り返しかかってきた声は明らかに別人。。(^_^;)

 

嫁、「もひもひ~、うーん、うーん。。」

僕、「今から迎えに行くけど、もう法事は終わってる?」

嫁、「うーん、おはってるぅ。。うーん。うーん。。」

 

声は嫁やけど、完全に違う人でした。

 

法事で誰かが出てきたのでしょう。

 

嫁の実家に着いて見ると、嫁は義母タカコに抱きかかえられて呻いてました。

 

嫁、「あのなぁ~、わしらはなぁ、死んであっちにおるとなぁ、『ええボンさん』か『あかんボンさん』かわかるんや!今日のあの坊主は『あかん』坊主や!あんなんお経ちゃうねん!」・・・と叫んでる

 

どうやら30回忌を迎えた死んだおじいちゃんがボンさんにクレームしているようでした。

 

しばらくすると、また違う方が出てこられました。

 

嫁、「みんなで飴ちゃんを食べなさい。口の中でコロコロ言わして食べて頂戴!」

 

大きな飴ちゃんを常にキープしている義母タカコがそこにいるメンバー全員に飴を配ってなめだすと、「ちゃうちゃう!もっとコロコロ言わせてなめてよ。あ、そこの僕ちゃんは上手やねぇ~」とうちの息子を褒めてくれました。(^_^;)

 

この子にも食べさせてあげて~」と義母タカコが飼っているフレンチブルドックにも食べさせてました。。(アカンやろ)

 

当然僕もコロコロ言わせてなめてましたら、「あんたは誰や!」と突っ込まれたので、自己紹介をしておきました。

 

この方は嫁の曾おばあちゃんで、息子は玄孫に当たります。

法事で祀った方で50回忌です。。(めっちゃ前やのに出てくるんですね)

 

しばらくして、もう一人出てきて、ワーワー言ってましたが、しばらくすると三人とも嫁から出て行きました。

 

いつもなら、霊が出て行くとケロッとする嫁もこの日は「まだ気持ち悪いから寝るわ・・・」と言うので、おかしいな。。と思ったら、僕がいない前日にお客さんたちと飲みに行ってベロベロで帰ってきてたらしく、明らかに飲みすぎでした。

 

ただの二日酔いやん。。。