読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕と嫁と義母タカコの成霊日記

神戸に住む普通の僕と憑依体質の嫁と強力霊的パワーを持つ義母タカコとで繰り広げる浮かばれない霊たちとの交流日記! それぞれの霊たちのストーリーをブログでお届けします。 ※これは霊たちのリクエストでもあり、記録として伝えてほしいということなのですが、マジメに書くとなんとなく恐いので、明るくライトに書き綴ります。

ジーダブリュー⑶ 薬の後遺症…

続けて出てこられましたのは、「薬を飲まされて身体も固まってしまったおばさん、(もしや、お姉さん)」です。

 

何かの病気で入院して、「この薬を飲めば治る」と言われ飲み続けましたが、よくなるどころか、身体が固まって手のひらを広げれなくなってしまった。。

 

嫁は「どこかの病院で入院している」感覚だったそうです。

 

「あなたはおいくつですか?」と聞いたら、「40…」と言ってましたが、それが年齢なのか、今から40年前なのかはわかりません。

 

ただ、嫁の感覚としたら、「戦後」のような感じだったそうです。

 

この方、なかなか上がろうとしません。(^^;

 ねばります。

 

お経を唱え、数珠を持たすと…

 

「やめてー!何よこんなもの。私は絶対あっちになんて行かないわよ!勝手に薬を飲ませて『これでよくなる、これでよくなる』ってウソついて。私の人生メチャクチャやないの!

私は絶対この子(嫁)から出ないわよ。可愛らしい服着て、美味しい物食べて、もっと私も楽しむんやから。この子(嫁)がガリガリになって、死ぬ直前までおってやる。絶対出て行かないわよ!」…と大声で喚きだしました。。

 

*これはあかん…   Σ(-᷅_-᷄๑)

 

でも、聞いてる内に私もこの方が可哀想になってきました。

ぽろっと、「可哀想に…」と私が言ってしまったら、火に油を注ぐことに…

 

「何が可哀想によ!あなたに何が分かるのよ!そうやって、可哀想にと言って、ずーっと薬を飲ませて私をメチャクチャにしたんでしょう!絶対あっちになんて行かないわよ!ワー!!!」と叫ぶ。

 

しかしながら、こうした浮遊霊さんの場合、さんざん自分の「負の感情」を出した後は、すーっと上がる体制になることは経験済み。

٩( 'ω' )و

 

*しかも、私の前世は「聞き上手な街の娘」

 

この方の話をマイナスの感情が出尽くすまで聞いてあげました。

 

すると、この方もゆっくり手を合わせ始め、「失礼なことを言ってごめんなさい。本当に申し訳なかったです。向こうに行かないといけないのは分かってます。行く気持ちになりました。私が行ってからで良いので、『黄色い甘いジュース』を供えてもらえますか?」と言うので、「わかりました。安心して上がりましょう」とお伝えし、みんなで光明真言を唱えたら、すーっと上がって行かれました。

 

その後、スーパーに「黄色い甘いジュース」を買いに行きました。

 

あの時代のジュースなので、てっきり「バヤリス」かと思い、それに似た味の「ナッチャン、オレンジ味」を買おうとしたら、義母タカコが「これちゃう?」とミックスジュースを指すのですが、「いや、ミックスジュースは黄色じゃないでしょう」と私は「ナッチャン」を嫁に持って行きました。

 

嫁、「違う、それじゃない」

 

エッ   Σ('◉⌓◉’)

 

オレンジ100%の紙パックを持って行っても「違う」と言います。

 

業を煮やした嫁が、自らジュース売り場に行き選ぶと「ミックスジュース」を選択しました。

 

義母タカコは分かってたんですね、、(^^;;

 

「でも、ミックスジュースは黄色くないのに」と思ってお供えしたら、しっかり黄色かったです。(^^;

 

やれやれと思ってたら、またまた嫁がドヨーンとしてる。。

 

 

 ハッ!  (´⊙ω⊙`)

 

もしや、まだ誰か居るのか?と思ってたら、またまた「どなたか」が出てこられました…

 

続く…