読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕と嫁と義母タカコの成霊日記

神戸に住む普通の僕と憑依体質の嫁と強力霊的パワーを持つ義母タカコとで繰り広げる浮かばれない霊たちとの交流日記! それぞれの霊たちのストーリーをブログでお届けします。 ※これは霊たちのリクエストでもあり、記録として伝えてほしいということなのですが、マジメに書くとなんとなく恐いので、明るくライトに書き綴ります。

七福神 episode-3. 毘沙門天 降臨!

 

そんな義妹ですが、バリ島に行く前の10年前はとても信心深く、寺参り、神社巡りをものすごくしてました。

 

仕事が大変だった時でもありましたので、まさに「神頼み…」だったのでしょう。

 

ある時、彼女は毘沙門天の総本山「信貴山」の徹夜参りに行きました。

 

深夜からお参りを始める「業」に参加した義妹は、眠気と疲れから、勤める会社に帰ってから事務所の一室で仮眠を取ってました。※役員だったので、割と自由。

 

ウトウトと寝かけ、起きてるのと寝てるのとちょうど中間くらいの時、どこからか「ガシャン、ガシャン…ガシャンガシャン…」という音が聞こえてきたそうです。

 

夢うつつな中、「なんやろ、(会社に) 誰が来てんのやろ…」と思ってたら、急に宙に浮いたような感じになったそうです。

 

「うそやん、う、浮いてるやん、私…」

 

明らかに何者かにお姫様抱っこされてたそうです。

 

信貴山の徹夜参り後だったので、甲冑を着た毘沙門天さんが、「お主、ようきたな。ワシが護ってやるからな!」と来てくれたようです。

 

仕事のトラブルを抱えてた義妹ですが、それからスルスルーっとトラブルが解消し、うまく行き出しました。

 

毘沙門天に助けられた義妹は、感謝の意味を込めて、京都の仏師に頼んで毘沙門天の仏像をこしらえました。 

 

それからバリ島に行くことになったのですが、その仏像を持っていくと飛行機で壊れるかもしれないということでやむなく諦め、今は義母タカコの仏間に祀られてます。

 

義妹が毘沙門天さんにお姫様抱っこされた時に感じたのは、「優しくて頼もしくて強かった」そうです。

 

 

男子たるもの、そうありたいものですね!