読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕と嫁と義母タカコの成霊日記

神戸に住む普通の僕と憑依体質の嫁と強力霊的パワーを持つ義母タカコとで繰り広げる浮かばれない霊たちとの交流日記! それぞれの霊たちのストーリーをブログでお届けします。 ※これは霊たちのリクエストでもあり、記録として伝えてほしいということなのですが、マジメに書くとなんとなく恐いので、明るくライトに書き綴ります。

義妹と義母タカコ

 

 

嫁が落ち着いてるので、別ネタです。

 

先日、義母タカコと義妹家族がお伊勢さんに参りました。

※義妹家族はインドネシアに住んでるのですが、子どもが生まれたので顔見せ帰京中。

 

伊勢神宮に参る前日、旅館で泊まる部屋に「コンコン…」と外湯の出口のガラス戸がノックされました。

 

「あれ?ベランダから誰か来たよ…」と開けても誰もいません。

 

「おかしいなぁ、風かなぁ〜」と思ってたら、もう一度「コンコン、コンコン…」とノックされたから、もう一度外を見ても誰もおらず、風もなし。

 

ベランダの外は伊勢神宮の内宮の森とつながってるところなので、「うーん、神様ちゃう?」と軽く流す”神慣れしすぎ”な義母タカコ…

 

 

翌日早朝、伊勢神宮に参拝した時は、全く風が吹いていない穏やかな春の朝でしたが、参拝し、木をナデナデした後で荒御霊さんところに行こうとしたら、「ビュー!!ビュー!」と風が吹いたそうです。

 

お伊勢さんは、風で存在をお知らせしてくれると聞いたことがあります。

 

きっと「よくきたな!」というメッセージだったのでしょう。

 

さて、この義妹。

霊的な存在ととても縁が深いにもかかわらず、「お化け怖い!」というのでこの手の話が苦手ですが、昔は携帯で普賢菩薩さんとメールでやりとりして、仕事の相談をしてました。 ※当時はガラケー

 

そんな義妹は、「神々の島」と言われるバリ島に住んでもう10年が経ちます…。

 

バリ島は神様の許可が無いと入国できないか、入れてもトラブルが起こるらしいです。

 

ちなみに私は20年前、バリの空港でイミグレに咎められ、入管に追いかけ回されて逃げ回ったことがあります。

※当時、スーツを着たまま、ほとぼりが冷めるまで(約3時間)クタビーチで土産屋のおばちゃんに紛れて隠れてました。そう、髪の毛をドレッドヘヤーにされながら…

 

 

 

ありがとう、バリ。