読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕と嫁と義母タカコの成霊日記

神戸に住む普通の僕と憑依体質の嫁と強力霊的パワーを持つ義母タカコとで繰り広げる浮かばれない霊たちとの交流日記! それぞれの霊たちのストーリーをブログでお届けします。 ※これは霊たちのリクエストでもあり、記録として伝えてほしいということなのですが、マジメに書くとなんとなく恐いので、明るくライトに書き綴ります。

七福神 episode-2 ダルマサンガコロンダ!の巻

 

これも深夜の出来事でした。

 

前のマンションの話ですが、廊下を歩くと床が「ギシギシ…」と音が鳴ります。

 

なので、嫁や息子が廊下を歩いてくると、「ギシギシ…」と音がなりますので、息子が私を驚かそうとして忍び足で歩いてきても、足音でバレちゃいます。

 

ある夜、深夜の丑三つ時のことでした。

 

廊下で「ギシギシ…」と音がするので、息子か嫁が静かにトイレに行くのかと思ってましたが、トイレのドアを開ける音がしない…

 

こ、これはドロボーか!?」と思い、そーッと廊下を見ても誰もいない。しかも、「ギシギシ…」という音も止まる。

 

あれ? 誰もおらんやん。。おかしいなぁ…」ということで、また寝ようとすると、またまた「ギシギシ…」と音がする。

 

廊下には誰もいない。。見たら音も止まる。

 

それを数回繰り返してもラチがあかないので、「もうええわ…」ということで寝ました。

 

朝起きて嫁に聞いても「ギシギシ…」という音は聞こえなかったらしい。

 

なんだか分からないので、義母タカコに聞くと、「七福神さん全員が来られてた」らしいです…。^_^;

 

ほんで、僕が気づいて廊下を見ると、ストップして気づかれないようにしてた…

 

私は見えなかったけど、「ギシギシ…」という音がしてたということは、七福神さんもわずかながら重量はあったんでしょうね。

 

 

僕は、七福神さん達と「ダルマサンガコロンダ」をしてたみたいですね。

 

※関西では「ボンさんが屁をこいた」、私の故郷和歌山海南では、「インデアンのフンドシ」…

 

 

引っ越した新しいマンションにも是非来ていただきたいです。