読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕と嫁と義母タカコの成霊日記

神戸に住む普通の僕と憑依体質の嫁と強力霊的パワーを持つ義母タカコとで繰り広げる浮かばれない霊たちとの交流日記! それぞれの霊たちのストーリーをブログでお届けします。 ※これは霊たちのリクエストでもあり、記録として伝えてほしいということなのですが、マジメに書くとなんとなく恐いので、明るくライトに書き綴ります。

龍神さん つづき ⑸

何事もなく帰ろうとした矢先でした。

 

義母タカコが「オヨオヨオヨー」と泣き崩れたと同時に、龍神さんが義母タカコに降りて来られました。

 

話される内容はこうでした。

 

義母タカコの前世か前々世と思われる昔、彼女はこの滝で修業※(滝行など)をしていたそうです。

その時からの縁で、今世も義母タカコをお守り頂いている龍神様。

 

この時から四年前。

義母タカコが宮島にお参りツアーに来てた時、ある夢を見たそうです。

 

滝を登って行くのですが、その時、エメラルドグリーンの光り輝く龍神さんが彼女と共に滝を登ってくれてたそうです。

 

一歩登れば、龍神さんも一歩登る…

 

そうして上り詰めた時、龍神さんは天に上がって行く…という夢だったそうです。

 

それから四年後、こうして「白糸の滝」で龍神さんと再会した訳ですが、その二ヶ月後、義母タカコの自宅に龍神さんを祀る段取りをしてましたので、このタイミングで再会することになっていたのでしょう。

 

何世代も前から、まさしく「時空を超えて」龍神さんは彼女を護り、そして何かの役割を与える為に現れたのだと思います。

 

今あること、今やる羽目になってること…

 

そんなことも自分たちが生まれるずーっとずっと前から決まっている。

 

そう教えられたように思いました。

 

今は義母タカコの自宅にて、その龍神さんを祀っている訳ですが、それから義母タカコの家に相談に来る方も増えて、彼女もパワーアップしています。

 

 その御加護を受けて、我々も幸せに暮らさせて頂いてます。

 

 

ありがとうございます。

 

感謝  ╰(*´︶`*)╯♡