読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕と嫁と義母タカコの成霊日記

神戸に住む普通の僕と憑依体質の嫁と強力霊的パワーを持つ義母タカコとで繰り広げる浮かばれない霊たちとの交流日記! それぞれの霊たちのストーリーをブログでお届けします。 ※これは霊たちのリクエストでもあり、記録として伝えてほしいということなのですが、マジメに書くとなんとなく恐いので、明るくライトに書き綴ります。

おとうさん!

見ず知らずの浮遊霊がよく現れるのですが、一番よく現れ、かつ最も和むのが義理の親父さんが出てこられるときです。

 

65歳で亡くなった早世の義父でしたが、折を見て様子を見に来られます。

 

私も生前はよくかわいがってもらい、よくお酒をよばれました。

 

ビールを浴びるほど飲む人だったので、体を冷やしてしまったのが原因なのか、

食道がん」で亡くなってしまったのですが、陽気で男気のある超ハンサムな親父さんでした。

 

いちど、裏山の墓園を車で走っている時に出てこられました。

その時はまだ亡くなったばかりの時でしたが、「あのな。こんな墓なんかに誰もおれへんで! 墓なんかはただの置物や。そんなもんは重要じゃないんや!」とおっしゃってました。 ※いまは墓の重要性もよく分かっているように思います。

 

 

あるときは、普通に義母タカコと会話したり、生前好きだった料理をリクエストしたり、一緒にお酒を飲んだりして、生きている時と同じく、場を共にすることもあります。

 

早くあの世に戻るように義母タカコがお経を唱えだすと、「わかった分かった、もう行くからお経をやめてくれ」とか「そろそろ行くから、母さん、背中をたたいてくれ。もう行くわ。」と自ら指示することもあります。

 

うちの家で親父さんが嫁に憑依したとき、一緒にお酒を飲んでたのですが、いちおう義母タカコに報告しようと思ってこっそりメールを入れておいたら、突然 「悪いけど、母さんに電話して、そのお経を止めるように言うてくれ。もうちょっとしたら上がるから。頼むわ」とお願いされました。※遠隔でもあっちからだと見えるみたいですね。

 

親父さんが出てきた思い出を挙げるときりがありません。。

 

 

そんな親父さんの心配の種は初孫のKくんのことです。

 

Kくんは父親と早い時期に別れ別れになってしまったので、親父さんが父親代わりに面倒を見ていました。

 

Kくんが悪さをしていると、その様子を空から見て心配してました。

またあっちの世界では少し未来が見えるらしく、Kくんの将来を心配して、「こういうビジョンが見えたんや。。こういう状況に陥る可能性があるから気にしてやってくれ」と言うことも忠告しに来ます。

 

いまは事情があって、17歳のKくんは東京に住んでいるのですが、彼が東京に行ってから、親父さんは全く降りてこなくなりました。

 

おそらく、Kくんが心配でずーっと東京で見守っているんだと思います。

 

 

「時間」と「空間」を超えて、あの世から孫を見守る親父さん。

 

やんちゃボーイのKくんですが、おじいちゃんと一緒に写っている写真を持って、東京で頑張っているそうです。