読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕と嫁と義母タカコの成霊日記

神戸に住む普通の僕と憑依体質の嫁と強力霊的パワーを持つ義母タカコとで繰り広げる浮かばれない霊たちとの交流日記! それぞれの霊たちのストーリーをブログでお届けします。 ※これは霊たちのリクエストでもあり、記録として伝えてほしいということなのですが、マジメに書くとなんとなく恐いので、明るくライトに書き綴ります。

お向かえさん

私の実家は和歌山にありまして、帰省する時はお墓まいりに行きます。

 

母方のお墓には駐車場がないので、近くの神社に参拝してからお墓に向かうのですが、向かう道すがら、野ウサギが出たり、野鳥がいたりと、自然を感じながら歩いて行きます。

 

ある時、野鳥が 「ピヨピヨ〜〜♪」と鳴いてたので、6歳の息子も「ピヨピヨ〜〜♫」と鳴いて、鳥と会話したりして、ホノボノと自然を満喫しながらお墓へ向かいました…

 

母方のお墓はキレイにされてるのですが、その向かえのお墓がえらいことになってました。※ジャングルみたいなお墓ってありますよね…(°_°)

 

「他所のお墓を触ったらダメ」とは聞いてたのですが、あまりにも荒廃してたので、なんとなく放っておけず、雑草を抜いて、お水を替えて御線香を供えました。

 

荒れてた雑草を抜いたら、中から小さいお地蔵さんがいたり、お向かえさんのお墓もなかなかいいお墓だったので、しっかり手を合わせて帰りました。

 

それから数日経って、義母タカコの家に行った時、嫁からどこかのお爺さんが出てきました。

 

お墓まいりに行った後なので、色んな人が憑いてるのか、はたまたご先祖さんが出てきてくれたのか、楽しみに聞いてみましたら、「先日、坊ちゃんが鳥とお話ししてたお墓の者でございます。◯◯さん(母方の姓)の向かえの者です。ご主人には大変お世話になりました。m(_ _)m」と登場。

 

「熱いお茶とご飯、たくあんをお願いできますか…」とリクエストされたので、すぐに用意して、ご堪能頂いてから成仏頂きました。

 

なんでも、長いこと誰もお参りに来ずに、ずーっと何もお供え物がなかったようでした。しかもこのお爺さんは、ひもじくて亡くなられたようで、ガリガリに痩せてたそうです。※義母タカコ談

 

お墓に向かう途中から、息子が鳥と「ピヨピヨ〜〜♪」してたのを見てたということは、我々がお墓に向かうのを見てて、お爺さんのお墓の手入れをするのを導いてたのかもしれませんね。

 

ご先祖のお墓詣りって、やっぱり大事なんやと思いました。

 

年末に帰った時も、またお爺さんのお墓にも線香をあげたいと思います。