読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕と嫁と義母タカコの成霊日記

神戸に住む普通の僕と憑依体質の嫁と強力霊的パワーを持つ義母タカコとで繰り広げる浮かばれない霊たちとの交流日記! それぞれの霊たちのストーリーをブログでお届けします。 ※これは霊たちのリクエストでもあり、記録として伝えてほしいということなのですが、マジメに書くとなんとなく恐いので、明るくライトに書き綴ります。

お地蔵さん

 

うちの息子は7歳ですが、赤ん坊の時からお寺や神社などのお詣りによく連れて行きました。

 

連れて行く先で「嫁と息子」というセットだからこそ憑いてこられる霊もいるのです。

 

 

1) 息子、「カレー」が食べれない・・・の巻

ご多分に漏れずウチの息子(どこの息子もそうでしょうが)はカレーが好きです。

 

よく行く姫路のお寺でのこと。

そこでは、お詣り事が終わるとカレーが振る舞われます。

 

いつも問題ないのに、その日に限って息子はゲーしました。

 

しかもすごい高いテンションでギャン泣きしてます。

「これは何か憑いてるなぁ~」と困ってたら、その寺の住職が来て

はいはーい、じゃあとりましょうね。『エイ!』」と一発であげてくれました。

 

すぐに泣き止んで事なきを得たのですが、お寺の裏にある公園辺りで憑いてきたそうです。お寺でのことなので、すぐに終わりました。

 

2)息子、マグロが食べれない…の巻

 

うちの息子はマグロが大好きです。※最近はサーモンですけどね。

 

和歌山の実家に行くと、おばあちゃん(僕の母)は息子が喜ぶからと言って、

赤身の良いマグロを市場で買ってきて食べさせるのですが、

ある時、「これ何? こんなの食べれないわ。気持ち悪い!」と言ってまったく食べない時がありました。

 

「いやいや、あんたが大好きなマグロやんか!」と思ってみんながおかしいなと思いましたが、「もうマグロも飽きたんかな・・・」と思ってその時は終わりました。

 

それから、嫁の実家である義母タカコのお家に行ったとき、近くの寿司屋さんから出前を取って食べました。

義母タカコも「ほら、大好きなマグロやで。しっかり食べなさい」といって皿にとって息子に出しましたが、またまた同じ反応。。。

「ぼくはこんな気持ち悪いモノより、おにぎりが食べたいんや!」と息子がごねるので、やむなく義母タカコがおにぎりを握って出したら、大きいおにぎりを二つもペロリと食べちゃいました。

「うわぁ、ものすごい食欲やなぁ~・・・」と驚いてたら、嫁が「オヨオヨオヨー・・・」と泣き出しました。

 

「もうしわけありません。もうしわけありません。。。m(_ _)m  (T_T)  」 

 と土下座で謝りだしました。

 

和歌山の寺の下にあるお地蔵さん近くを通った時に憑いてきた親子の浮遊霊でした。

 

戦時中辺りと思いますが、子どもに食べさせてあげるものが何もなくて、親子二人が餓死ししてしまったそうです。

 

昔と言うこともあるでしょうが、「マグロの刺身」なんて見たことも食べたこともない親子でしたので、「マグロが気持ち悪い」と思ってしまったようです。

 

お腹いっぱいおにぎりを食べて満足した二人はお礼を言って成仏して行きました。

 

3】淡路島の海で…の巻

 

家族(義母タカコや親戚家族)で淡路島旅行に行ったときです。

 

この時はいっぱい浮遊霊が憑いたのですが、その中で、淡路の海で息子と生き別れてしまったお母さんが憑きました。

 

探しても探してもどこにもいない。。

子供が見つかるまで、ずっと海に居て「地縛霊」になってしまった母親でした。

 

「どこにいったの?どこに行ってしまったのよ!!!」と号泣しながら、嫁に憑依した母親は義母タカコに聞いてます。

 

義母タカコは「お地蔵さんの真言」を唱えだしました。

僕も一緒に唱え、一心不乱に何度も何度も唱えだしたころ、

その母親は「いた!逢えた!逢えたよー!!!!」と叫びました。

 

海でおぼれて死んでしまった息子ちゃんはお地蔵さんのところでずーっと待ってたそうです。

 

この時だけじゃなく、カレーの時もマグロの時も、子供の霊はほぼ100%お地蔵さんが迎えに来ます。

 

子どもの霊はお地蔵さんマター

 

 

人生の悲哀を感じるこうした母親と子どもの話ですが、現代もまた悲しい事件が連日のように報道されています。

 

生きている間に、こうした悲しいことが起こらないように、お地蔵さんの代わりとなって、生身の人間である我々一人一人がお互い声かけあって生きて行かなければ・・・と小さい子どもさんを抱える母親を目にするたびに思います。

 

 

黒い煙…

浄霊やお勤めをする時、ロウソクを点けます。

 

ロウソクから黒い煙、ススがたくさん出てくることがありますが、これはあんまりよろしくない霊というか念というか、そういうものがある時に出てくるようです。

 

私の世話になってる方(女性経営者)が東京の超高層マンションに住んでいるのですが、彼女が離婚した日から毎夜のように「何か黒い物体が乗っかってくる」というので、私と義母タカコはその東京のマンションまで浄霊出張に行きました。

 

その時、「どの部屋にその存在がいるのか?」を探すのに、この「ロウソクの黒い煙」を使います。

 

各部屋の天井付近をロウソクでずーっと探して行くと、黒い煙が出てくるところとそうでないところがあります。

この時はめちゃめちゃ黒い煙が出てきたので、高層マンションのスプリンクラーが作動するのでは … とドキドキするくらい煙が出てきました。^^;

 

この部屋で出てくるのは、別れた旦那の生き霊かと思ってましたが、そうではありませんでした。

 

高層マンションなので、街を一望できます。

眼下に見えるその中にお寺が見えましたが、そこの墓に眠る方が来てたようです。

 

しかもその方は甲冑をつけたような武士。江戸の侍さんでした。

 

成仏できてないので当然ですが、死んでるけど、いまいち死んでることを理解してるようなしてないような感じです。

 

街に車が走り、高層ビルが建ってることもあまりよくわかっておらず、「あれはなんでござるか? Σ(-᷅_-᷄๑)…」みたいな感じでした。

 

これ、不思議ですね。

 

先日も義母タカコはある方のご先祖を浄霊しに行ったのですが、70年くらい前に亡くなった方なので、「現代」を理解していない。

 

浮遊霊なので、空から見ることができる訳ですが、「あれ?ワシの家がない。田んぼの先に小屋があってそこを曲がったところにあるはずやのに無いがな…。あの大きな建物はなんや? 田んぼはどこにいったんや?」みたいなことを言う訳です。

 

浮かばれてない訳ですから、ずーっとこの世におって、ビルが建ったり、車が走ったりを見てるはず…と思いきや、なにも知らない。

 

数十年ぶりにでてきて、いきなり現代を見るから戸惑っている…という感じ。

 

推測するに、「死んで浮遊霊になってから、成仏する為に出てくるまでの期間を『どこか別の空間、場所』で過ごしている」…と思うのです。

 

 

 

どこや…Σ(-᷅_-᷄๑)

 

 

 

 

龍神さん つづき ⑸

何事もなく帰ろうとした矢先でした。

 

義母タカコが「オヨオヨオヨー」と泣き崩れたと同時に、龍神さんが義母タカコに降りて来られました。

 

話される内容はこうでした。

 

義母タカコの前世か前々世と思われる昔、彼女はこの滝で修業※(滝行など)をしていたそうです。

その時からの縁で、今世も義母タカコをお守り頂いている龍神様。

 

この時から四年前。

義母タカコが宮島にお参りツアーに来てた時、ある夢を見たそうです。

 

滝を登って行くのですが、その時、エメラルドグリーンの光り輝く龍神さんが彼女と共に滝を登ってくれてたそうです。

 

一歩登れば、龍神さんも一歩登る…

 

そうして上り詰めた時、龍神さんは天に上がって行く…という夢だったそうです。

 

それから四年後、こうして「白糸の滝」で龍神さんと再会した訳ですが、その二ヶ月後、義母タカコの自宅に龍神さんを祀る段取りをしてましたので、このタイミングで再会することになっていたのでしょう。

 

何世代も前から、まさしく「時空を超えて」龍神さんは彼女を護り、そして何かの役割を与える為に現れたのだと思います。

 

今あること、今やる羽目になってること…

 

そんなことも自分たちが生まれるずーっとずっと前から決まっている。

 

そう教えられたように思いました。

 

今は義母タカコの自宅にて、その龍神さんを祀っている訳ですが、それから義母タカコの家に相談に来る方も増えて、彼女もパワーアップしています。

 

 その御加護を受けて、我々も幸せに暮らさせて頂いてます。

 

 

ありがとうございます。

 

感謝  ╰(*´︶`*)╯♡

 

 

 

 

龍神さん、つづき⑷

「これが白糸の滝…」と感動してるのもつかの間、まずは滝に落ちてるゴミとかをキレイにして、ご挨拶をしました。※私が中学生だった時に売られてたようなジュースの缶が捨てられてました… Σ(-᷅_-᷄๑)

 

それから、「般若心経」。

そして、「龍神祝詞」。最後に「龍神の真言」を唱えて、メインイベントでもある、「日本酒を撒く!」をやりました。

※お酒の銘柄は龍神さんの指定「福寿 純米吟醸

 

f:id:Jack-u:20170111212446j:image

颯爽と滝に向かって撒こうとしましたが、小市民の私は「あぁ、もったいない…」と言う思いから、チョボチョボ〜〜と撒いてましたら、それを見かねた義母タカコが力ずくで私から日本酒を奪い、「こうやって撒くんや!」ババババーと勢いよく撒きました。

 

こうしてすべての儀式が終了し、「さぁ、帰りましょうか」と僕が声掛けた瞬間、義母タカコが 「オヨオヨオヨ〜〜」と泣き崩れ、その場に座り込んでしまいました。

 

 

 

 

つづく

 

龍神さん、つづき⑶

朝食を済ませ、いそいそと旅館を出発。

 

地図を片手に「白糸の滝」を目指しましたが、どれが滝なのか、いまいち分かりません…

ネットで出て来た滝の写真は災害前の写真…。それから工事がされてるので、その通りの滝ではなくなってるようです。

 

地図を見ながら川沿いを登っていくと、少しだけ「滝っぽいところ」があったので、「ここちゃいます?」と僕が言った途端、すってんころりと大転び…(╹◡╹)

 

龍神さんに供えるつもりで持ってた日本酒も川の石に「ガン!」とぶつけたので「しもた!割ってしまった!」と、思いましたが、全然大丈夫。不思議と割れてません。

 

「あぁ、これはここちゃうで!』という龍神さんのメッセージですね〜〜」と言って、またまた川沿いを登って行きました。

 

登ること数十分。

f:id:Jack-u:20170110213214j:image

ものすごいきれいな光が差し込んで来ました。※息子を撮ったら、その光も写りこんできてくれました。

 

「きっとこの先にあるんや!」と登って行くと、滝を発見!

 

f:id:Jack-u:20170111095620j:image

うぉー!!!!!!  念願の「白糸の滝」に到着です。

 

 

つづく

龍神さん、つづき⑵

神戸から宮島まで片道約5時間 約300キロ…

 

免許を持つのは私だけの4人旅。

※嫁、義母タカコ、幼稚園の息子と私。

 

 

天気予報ではグズつく予定だったのが、超快晴の秋晴れ。この4人で旅に出る時は、「1メートル先が見えない土砂降り」か「完璧な快晴」のどちらかですが、この日は龍神さんからのお誘いとあって、とてもいい天気でした。

 

道すがら、サービスエリアに寄ったり、お昼ご飯を食べたりしながらゆっくりドライブを楽しみ、夕方にはフェリー に乗り込んで旅館へ。

荷物を置いて、まずは厳島神社に参拝。

 

f:id:Jack-u:20170111091721j:image

※めちゃ干潮…の干潟で、シロサギのマネをしている息子

 

水族館に行ったり、一応の観光を終えてから旅館に戻り、夕飯を食べて早めの就寝…と思いましたが、やたら外が明るい。

「何かあるんかな?」と外に出てみると、超満月のスーパームーン

 

「これは盛り上がるね!」と言って部屋で呑んでたら、またまた嫁がグルグルグルーと回り出しました。(*'▽'*)

 

神龍よろしく、「白糸の滝の龍神さん」がご降臨。

 

『よく来たのぉ〜!』と言って、呑んでた広島の日本酒「富久長」をグビグビーと呑んで去っていかれました。

 

明日はいよいよ「白糸の滝」へ

 

 

つづく…

 

 

 

龍神さん つづき⑴

一昨年の7月に龍神さんが現れた時、「宮島の滝に来い。さすれば、ワシに逢える」とおっしゃる龍神さんから、実は我々が住む神戸にある「六甲山」にもたくさんの龍神さんがいることを教えてもらいました。

 

摩耶のこの川を上った所の滝におる、とか、芦屋のこの辺の滝…など、綺麗な水や滝があるところには、それぞれの龍神さんがいるようです。※「千と千尋の神隠し 」みたいですね。

 

ただ、今回出てこられた大物の龍神さんは、「宮島の滝」の龍神さんとのこと。

 

義母タカコは、過去5回 宮島に行ってますが、滝は行ったこともないし、見たこともない…「そもそも滝なんてあるんかいな?」みたいなところからのスタートです。

 

しかし今はネット社会。

 

検索すれば出てきました。

 

その名も「白糸の滝」

 

※めっちゃおりそうやん、龍神さん!

 

ただ、ネットでは、数年前に大雨による災害で滝がおかしくなってる…という情報が上がってたので、綺麗ではない滝だと龍神さんがいないかもしれない…と心配しましたが、「とにかく来い」という指令だったこともあり、これまたネットで宿を予約して、9月のシルバーウィークに訪れました。。

 

つづく…