僕と嫁と義母タカコの成霊日記

神戸に住む普通の僕と憑依体質の嫁と強力霊的パワーを持つ義母タカコとで繰り広げる浮かばれない霊たちとの交流日記! それぞれの霊たちのストーリーをブログでお届けします。 ※これは霊たちのリクエストでもあり、記録として伝えてほしいということなのですが、マジメに書くとなんとなく恐いので、明るくライトに書き綴ります。

令和二年も、つきまくり!

年が明けて、えべっさんも終わった三連休。

 

またまた嫁の実家にお邪魔しました。

 

いつも行くお好み屋に行くと、このブログにも良く出る「女将」が青い顔して焼いてます。

 

義母タカコに、「今日お店が終わってから行ってよかですか?」とお願い…を。

 

つ、ついてるね。

 

女将はとても憑きやすいので、いつもは自分であげるのですが、溜まりまくった霊に耐えきれず、義母にお願いしてました。

 

実は僕も憑いていたのか、義母の仏間に(入りたくても)入れませんでしたので、女将が来た時に一緒に仏間に入りました。

 

義母と女将と私の三人で、お勤め開始。

 

お不動さんのお経を唱え、浄霊開始です。

 

ものすごい数の浮かばれない霊たちが参上。

 

ゲボゲボ…と咳やゲップ、涙と鼻水…

 

三人がうめく姿はまさに阿鼻叫喚。

女将に至ってはゲロ吐く寸前の状態だったので、「女将、頼むから吐くなよ…」と願いました。*吐かれると掃除が大変やし。

 

どうやら、私は午前中に行った映画館で憑依。

映画館は暗くて人が集まるから憑きやすいんてすね。

 

 

そんな年明け一発目の浄霊報告でした。

今年もやるぞ!

 

*年明け、新たな修行を大黒さんから申しつかりました…ありがとうございます。あぁ、100日。

 

 

ワシもまだまだ…

年末ですね。

 

僕が仏さんから課せられた修行もあと少し。

 

いつもは自宅や事務所でするけど、年末なので、義母タカコ邸に行ってお経を唱えてました。

 

 

あ、あかん…

途中で止まる。

お経が出てこない。

 

これはまた憑いてると思い、「ぎ、義母~。来てくれ〜」と呼ぶと、仏間に入ってくるなり、「大変やったねぇ。あんたも悪いんやで…」といきなり、憑いてる人に話しかける。

 

どうやら、ギャンブルに狂って身を滅ぼし、自ら命を絶った30代のニイちゃんだそうです。

 

「悔しかったんやろ。な、言ってごらん。気持ちを言ったら楽になるから。ほら、言いなさい。聞いてあげるから。」

 

確かに、悔しいとか辛い…という感情はあるんやけど、全く言葉にできない。

 

これが嫁や義母タカコなら、ベラベラ言葉に出せるんやろうけど、僕はまだまだ修行が足りないから、ウーウーいいながら、うなずくのが精一杯…

 

どうやら、悪い奴らにそそのかされてギャンブルに手を出し、騙されたみたいでした。

 

僕は事務所が大阪なので、大阪のどこかで憑いて来たそうですが、それも分からない。

 

そのニィちゃんが上がってからも、あと二人くらいニイちゃんが出てきましたが、これも言葉にだせませんでした。

 

 

ワシ、まだまだやなぁ。

 

仏さん。

 

年が明けたら、また新しい修行を課してください。

 

たのんます。

 

 

 

我が親愛なるルームメイト

親愛なるルームメイトくん

 

LINEでも送ったが、あなたにはとてもたくさんの浮遊霊が憑いていたのだよ。

 

その浮遊霊達は全てワシに乗り移ってたのだよ。

 

ワシは義母タカコの家に行って仏前に座った時、とても気持ち悪くなって、思わず義母タカコを呼んで除霊してもらったのさ。

 

何体も何体も憑いてらっしゃいましたよ。

 

そういえば、君と旅行に行って同じ部屋で過ごしてから、疲れが取れずに困り果ててたのだよ…*肩こりと首こり

 

 

でももう大丈夫。

 

全て離れてくれたのだよ。

 

ワシも修行して、自ら除霊できるように頑張るから、君も頑張って憑かないようになろう。

 

 

これからもよろしく。

 

 

KOMAドッグ カモン!

いゃあ、完成しました。

 

大黒さんから義母タカコに出された「指令」で、「ある神社に狛犬を奉納せよ」というのがありました。

*無茶言うなぁ〜と思いましたが、義母タカコなんとかクリア!

 

先日、仏具屋さんから連絡があり「ようやく完成しました」とのことだったので、本日 義母タカコと二人で見にいって来ました。

 

 

 

f:id:Jack-u:20191214143731j:image

 

ええやん〜

かえらしやん〜

 

ここから「目入れ」をしてもらってから奉納です。

何とか年内に奉納できる段取りもついて、義母タカコもホッとしてました。

 

帰りの高速道路を走ってる時、色々と神界や人間についてのことを話してましたら、「パチン!」と柏手のような音が鳴りました。

 

ものすごい大きな音だったので、何か車に異常があったのかと思いましたが、何もない…

 

去年、奈良の龍泉寺に滝行に行く時も車内で「パチン!」と音がしてびっくりしたのですが、その時と同じでした。

 

http://jack-u.hatenadiary.jp/entry/2018/08/18/133816

 

とてもイイ話をしていたので、「おぉ、そうじゃ!その通りじゃ。」という事だったと思います。

 

何を話してたかと言うと、「人間生きてる間にしっかり徳を積むと神様に近い波動まで行ける!」と言う話でした。

 

 

生きてる間に狛犬という強い眷属にご縁を頂いた義母タカコ。

 

有り難い「指令」でした。

 

大黒さん、アザス。

 

追記

「令和元年クリスマスイブ」に奉納完了!

f:id:Jack-u:20191226140637j:image

贅沢な飲み会

この三連休は嫁の実家(義母タカコ宅)で過ごしました。

大型の台風19号が来るということで、みんなで家で過ごしていました。

 

午前中、義母タカコが仏前でいつものお勤めをしてたら、やたら一人で盛り上がってる。。

パンパンと拍手しながら、大黒天さんの真言を大音量で拝んでました。

 

「あぁ、出てきてはるんやなぁ」…

 

仏間から出てきた義母タカコに、「出てきてはりましたか?」と確認すると、「そやねん。なんか夕食の時に日本酒飲みたいらしいわ」というので、仏前に供えていた「賀茂鶴」を冷蔵庫に冷やして、晩酌で呑んでいただきました。

 

※ちなみに、神さま仏さんは「賀茂鶴」が結構好きです。(^.^)

 

夕食時、義母タカコの盃にナミナミとお酒を注ぎ、「かんぱーい!」と言うと、さっそく大黒師匠がご登場。(((o(*゚▽゚*)o)))♡

 

家族の心配事などについて、「あれはこうなる、これがこうなる、そして大丈夫や」とコメントを頂き、僕に対しても色々とご指摘ご指導を賜りました。

 ※「もっと太れよ!」と言うので、「食べろと言うことですか?」と言うと、「その太るちゃう!」と突っ込んでくれました。

 

「あぁ、ありがたいなぁ・・・」なんて言ってたら、嫁が突然「ヒィヒィヒィ…」と笑い出す。。   ٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

 

 

「あぁ、これはまたどなたかが出てこられたかなぁ」と思ってたら、嫁の鼻が膨らみだしました。

 

鼻の穴をパンパンに膨らませて登場されるのは、龍神さんです。

 

どうやら、嫁に付いてくれてる龍神さんが出てきてくれたようでした。

 

そこから、僕と義姉にいろいろとコメント&ご指導を頂きました。*義姉へのコメントは、「笑とけ」という何ともシンプルな…(^^;;

 

その間、義母タカコに付いてくれてる大黒さんも酒を呑みながら一緒にいらっしゃいました。

 

龍神さんがコメントする間も、「そうじゃそうじゃ、その通りじゃ」と相槌を打ってはります。

 

大黒さん&龍神さんと我々家族との飲み会。。

なんとも贅沢な宴でした。(^◇^)

 

今回、龍神さんがついて出てくれた様子を動画で撮りました。

僕らは見慣れている光景ですが、嫁は初めて自分の姿を見たので新鮮だったようです。

 

まだまだ力をつけて、貢献できるようにしていかなあかんみたいです!

 

嫁と二人でもっと修業せなあかんなと。

 

精進します! 

 

パパがいなくても…

 

いゃあ、久しぶりに嫁ネタです。

 

「もう憑かないのか…」と半ば諦めてたもんですが、来ました。

 来ましたよ!!!

 

ただ、僕がいない時でした … (残念)

 

仕事中、僕が海外と電話している時に息子(10歳)から電話。。

*彼には子供携帯を持たせています!

 

取れないから、「着信拒否」をするも、何度もかかってきます。

 

「うーん、これは何かあったな。。」と思い、こっちの電話が終わり次第折り返しました。

 

 

「パパ? あのな。いまお母さんに憑いててん。」

 

なんでも公園から帰ってきて、お母さんに「ただいま」のハグをするなり、嫁号泣。

 

「あー、これは憑いてるなぁ」と感じた息子がさっそく義母タカコに電話。

 

「おばあちゃん?うん、お母さんに誰か憑いてるねんけど、あげてくれる?」

「あ、それとこの電話(子供携帯)は5分以上話すとお金かかるから、お母さんの携帯から掛けなおすからちょっと待っててな」

 

む、息子よ。 いつの間にそんなに成長した。。。(T_T)

そして、憑くことに慣れすぎてないか・・・※昔は怖くて泣いてたのに

 

電話の向こうで義母タカコが息子に指示。

 

・「梅干し」と「熱いお茶」を準備する。

・背中をさする。

・合図とともに、背中をドン!と叩くこと。

 

30分ほど横たわり、義母タカコが唱える「不動の真言」「光明真言」で上げたそうですが、その時の嫁の感情(憑いてる人=女性)は、「私だけが悪いのか!」、「悔しい!」と言う感情で、ボロ泣き…だったそうです。

※何があったんや。。。ワシがおったら、話聞いてあげたのに。 

 

ところで、この浮遊霊はいったいどこで憑いて来たのか・・・?

 

前日、神戸のあるホテルで行われた「ものまねディナーショー」で、同じ席に座ったご婦人に憑いてた方がこっちに乗り移ってきたそうです。

 

そのディナーショーも行く予定はなかったのですが、突然キャンセルが出て、仕方なく我々家族が行く羽目になりました。

 

おそらくその霊が、成仏するために我々を呼んだんだと思います。

 

私が家に帰って、息子をねぎらい、嫁に「そうか、大変やったな。それでももう成仏してスッキリしたん?」と聞くと、「いや、まだいてはるわ。たぶん来週実家(義母タカコ宅)に行くまでいてはるやろな。。」とのことでした。

 

 

それでは、週末までごゆっくり。 m(_ _)m

 

お彼岸には必ず「墓マイラー」

「暑さ寒さも彼岸まで…」

 

お彼岸に墓参りはマストだそうです。

 

先日のお彼岸。

 

私は仕事で行けませんでしたが、

嫁系の墓参りに、義母と嫁が行きました。

 

 

まずは、お義父さんの墓へ。

 

いつもはお墓にいない義父ですが、

今回はお気に入りの青いスーツを着て、正座して座ってたのが見えたそうです。

 

しかも、号泣…  。・゜・(ノД`)・゜・。

 

涙の理由は、「参ってくれて嬉しかった」からだそうです。

 

*いつもは出てくることさえ無いのに?Σ('◉⌓◉’)

 

次に義母方の先祖墓へ。

 

行くと墓に入ってる面々が全員勢ぞろい。

神ごとをしてた大お爺さんは、神官の衣装に着替えてお出迎え。

 

幼くして亡くなった女の子が、10歳の息子に一生懸命「変顔」して笑わそうとしてたそうです。

 

息子には見えてなかったそうですが、なぜか彼も「変顔」して返してたそうです。

 

「あの時、女の子が変顔してたの見えてたの?」と後で聞いたら、「何にも見えてないけど、なんか笑わしたろうと思ってん」とのこと…

 

*やるやん、息子  ( ˊ̱˂˃ˋ̱ ) 

 

その後も親戚のおっちゃんの墓参りに行ったら、「覚えててくれたんか!?」と鼻水垂らして号泣してたそうです。

 

 

うーん…

 

普段「墓参り」に行ってもそこにはいないけど、お彼岸に行ったら必ずそこにいてはる。。

 

 

不思議や。

 

どんな意味があるんやろ、お彼岸って。

なんでお彼岸には戻って来れるのか、何のために戻って来るのか…

 

映画「リメンバーミー」は、リアルなのか…