僕と嫁と義母タカコの成霊日記

神戸に住む普通の僕と憑依体質の嫁と強力霊的パワーを持つ義母タカコとで繰り広げる浮かばれない霊たちとの交流日記! それぞれの霊たちのストーリーをブログでお届けします。 ※これは霊たちのリクエストでもあり、記録として伝えてほしいということなのですが、マジメに書くとなんとなく恐いので、明るくライトに書き綴ります。

義父と先祖があの世で…

さぁ、義母タカコの家に着きました。

 

さっそく浄霊してもらおうと思って嫁を見ると、「シッ。」と言って首を振ってます。

 

気づかれたくないそうです…

 

まだ上がりたくない…

 

そのままそっとして、晩ご飯。

 

嫁は、大大大好きな「本搾り グレープフルーツ味」を飲んでました。

 

すると、「あぁ、美味しないなぁ…なんやコレ」と言う…

 

これは異な事を…

 

家には「常時一箱(24本)」在庫しているほど好きな「本搾り」…

 

これは誰かが出てきてるな、と。

 

「あぁ、そしたら日本酒でも飲みますか?」とよく冷えた純米酒を義母タカコが出すと、「そうそう、これや!これこれ」と言って飲みだしました。

 

「おぉ、○○○も飲め!」と私の下の名前を言いました。

 

あれ? なんでワシの名前を知ってる?

 

義母タカコが、「あなたは、○○○くんのご先祖さんですね?」と聞きました。

 

『そうや。ワシは前からずっとおるのに気づいてないんや。夏に少しだけあの家にきたやろ?その家のもんや。』…

 

そういえば、夏休みに母方のおじいちゃんの遺影を写真に撮りに行きました。*息子の自由研究のために行ったのです。

 

もしかして、僕のおじいちゃんかと思いおじいちゃんの名前を言いましたが、『違う』と言う。

 

「ほな、誰?」と聞きましたが、名前をとんと忘れてはります。

 

僕のひいおじいちゃんでもなく、その前のご先祖さんのようです。

 

『わえはなぁ、この子が可愛くてなぁ。ホッペが柔らかくてかえらしいんや』と息子ラブ。

*「わえ」とは和歌山の方言で、自分のことをそう言いますが、最近の人は使わない言葉でうちの親父でさえ使いません。なので、嫁は知らない方言です。

 

色々と語り出しました。

 

・日本髪が綺麗な奥さんと死に別れ(病弱だったそうです)、あの世に行っても会えない。*でもご先祖は成仏しきれていないので会えない…

 

・三途の川は渡ったけど、そこから先に行けない。*渡ったんかい!

 

このご先祖さんは、「あっちに行きたいけど怖い…けど、行きたい…」と困ってたら、なんと嫁のお父さん(8年前に亡くなった義父)がこのご先祖さんとあの世で出会い、義母タカコ(小指を立てて、『ワシのコレ!』と言うてたそうです)に会えば成仏できるから、嫁に憑くように言われたそうです。

*最初は僕に憑いてたけど、僕が気づかないから嫁に憑いたそうです…すまん、ご先祖。

 

ちなみに、お義父さんはあの世でえらく熱心に学んで、あっちこっち飛び回って修行しているらしい…

 

ご先祖は私に「奥さんがよく作ってくれた黒豆(そんなに甘くない)」やお酒を枕元に供えてくれるように依頼し、ようやく義母タカコの仏間に行く決心をされました。

 

しかし、仏間に入るところで立ち止まり、座り込んでしまいました。

 

『あかん、眩しすぎる! 入れないからココでたのんます。』と言う…

*コレ、みんなそう言うんですよね…

 

力づくで仏間に連れて行きましたら、『うわぁ、ものすごいたくさんいらっしゃる…』

*これも皆さんそう言うんですよね…めっちゃ神仏がいはるらしい。

 

義母タカコから、日蓮宗の「自我得仏来」の指示。*最近このお経やなぁ…

 

 

するとご先祖。

 

『どうしとったらええですか? あの穴に向かえばええですか?』…

 

 

穴… ? 穴が見えるん  ʕʘ‿ʘʔ

 

「ようわからんけど、どなたか仏さんが迎えにきてくれるから、その方について行ったらええんちゃいますか。」と伝え、手を合わせてもらったら、横になって、スーッと息を吐いて上がって行かれました。*仏さんの導きではなく、自ら向かって行けたそうです。それだけの徳をつんでたみたいですね、ご先祖。

 

ご先祖さんが上がる前、私に伝えてくれました。

 

『あの袋を持った人がな。。』

 

袋?

ははーん、先日 布袋さんが家に来てくれてたので、「あぁ、布袋さん?」と聞くと、『違う。髭の生えてはる人や』…とのこと。

 

 

あぁ、大黒さんや。

 

大黒さんがご先祖にこれからの私について教えてくれたことを伝えてくれました。

*あの世では普通に存在してはるみたいですね…

 

 

しかしありがたや、大黒さん (^人^)

アザッス。

 

 

 

成仏され、やれやれと思ってはみたものの、どうも解せん。。

 

Mちゃん家で出てきた人は、このご先祖さんだったのか? それなら、なぜ子孫の私を睨みつける?

話し口調からしても、あれは完全におばちゃんやったと思うねんけど…

 

 

 

その疑問を嫁にぶつけると、答えは簡単。

 

「うん、まだ 2、3人、中にいてはるわ」…

 

「憑いてたいなら、憑いとけばよい」と嫁。

 

 

 

 

出てきはったら、その時はまた。

 

 

 

おかあさんだうん…

「今日はMちゃん家で食べるから、パパは外でご飯食べてきて」

 


そう言われて、事務所近くの立ち飲み屋でハムカツを肴にレモンチューハイを飲んでたところに、息子からのメール。

*最近キッズケータイを持たせました! 友達の家に遊びに行ったら帰ってこないので…

 

 

 

「おかあさんだうん!」

 


はい、嫁 ダウン。

 


ママ友で集まると必ず飲む嫁達…

 

いつも通り、嬉しなってお酒を飲み過ぎて酔い潰れてるんやろな…と思ってたら、Mちゃんから電話。

 


「あかーん、誰かいてはるわ。義母タカコに電話したら、すぐに落ち着くって言うねんけど…」

 


久しぶりやな、嫁。

あぁ、久しぶりやないかい、嫁よ!!!

 


他のママ友や子供たちには先に帰ってもらって、息子をMちゃん家でお風呂に入らせてもらうようにお願いして、立ち飲み屋を後にして向かいました。

 

 

 

到着すると、嫁は横たわっています。

 


ココは光明真言あたりでいったんおさまってもらって、その隙に家に帰ってからゆっくり浄霊しよう、と思い、得意げに光明真言を唱えました。

 

 

 

嫁、「うるさい! 気持ち悪いなんか唱えやがって…やめろ。」

 


や、ヤバい人や。。

 


嫁、「あのな。お前が誰か知らんけど、私はこの子(息子)とおりたいんや。邪魔すんな!」

 

 

 

そうなんです。息子はおばちゃん浮遊霊に人気なんです。

 

 

 

『そうは言うても、息子は明日学校やから、早く帰って寝ないとあかんやん』

 

この時点でもう22時…息子はとっくに寝ている時間…

 


嫁、「うるさい!ココに泊まればええやないか!」…

 


めちゃくちゃや。

 


こうなったら力づくで連れて帰るしかありません。

 

タクシーを呼んでもらったら、なぜか嫁は自分から歩きだして、タクシーで帰りました。

 

 

 

家に帰っても、まだ誰かがいます。

 


朝起きてもまだいます。

 


そして私をにらみつけてます…(*゚▽゚*)

 

 

 

今から義母タカコの家に行きます。

 


さぁ、この人は成仏できるのか?! 乞うご期待! !

コンコンコンコン…

変な夢を見ました…

 

どこか学校の教室みたいなところで、私と嫁、そして義母タカコとで、「何かの集まり」に参加してました。

 

何の会か分からないのですが、みんなドレスみたいなものを着て踊っています。

 

私と嫁は隅っこに座って様子を見てるのですが、義母タカコは青いドレスを着て蝶のように踊り狂っています。

*周りの人に「ここに書けないくらいの悪態」をつきながら!!  (´⊙ω⊙`)

 

夢の中で怖くなって来た時。

それは、起きてるのと寝てるの「丁度中間くらい」の時で、半分金縛りみたいな状態の時。

 

私の部屋のドアが「コンコンコンコン」とノックがしました。  (´-`).。oO

 

 

夢から覚めてホッとしましたが、ノックは誰が?…

 

 

こ、怖い…

だ、誰?…

 

なにか応えないといけないと思って、メチャクチャ小声で「は、はい…」と言いましたが返事は無し…

 

ドアを開ける勇気も無し…

 

時計を見ると、時刻は04:56   (4 5 6!)

 

 

 

嫁や息子が起きてから聞きましたが、当然彼らはノックなどしません。。

 

 

「誰やったんやろ?」ϵ( 'Θ' )϶

 

 

 

すぐに義母タカコにLINEしました。

 

 

「うーん、わからないなぁ。また(神仏からの)メッセージあれば伝えるわね…」と言われてから2日後。ようやく連絡がありました。

 

 

ノックしに来てくれたのは、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「布袋さん」   かーい!(=´∀`)人(´∀`=)

 

大きく「ハイ!」と返事して、ドアを開けるべきやったやないかーい!    ( T_T)\(^-^ )

 

前回来てくれてから12年…

 

*「プレゼントはサンタさんから?」参照

http://jack-u.hatenadiary.jp/entry/2016/12/22/234335

 

 

ご無沙汰してます。

ありがとうございます。

これからもよろしくお願いします!

 

プチ京都ツアー

我が家は毎月、月初めか真ん中に、「廣田神社」さんにお参りに行きます。

 

嫁が結婚式に関わる仕事をしているのもあって、ご縁の神様でもある廣田神社に行くのです。。

 

いつもの通りお参りしてから、「今から京都行く?」とどちらかともなく言いました。

 

目的は「豊国神社」。

 

私は前回、ブログで書いたように、一人で行きましたが、嫁も「出世」に興味があるみたいです。∧( 'Θ' )∧      *ええことだす。

 

西宮から京都までは高速で行くとすぐ。

 

途中「渋滞」の表示がありましたが、なぜかスーッと到着しました。

 

いつも静かな豊国神社ですが、今日の境内は人だかり。

外人さんもたくさん集まってて、何事かと思ったら、なんと豊国神社で結婚式をしてました。

 

前述通り、嫁は結婚式に関わる仕事をしてますので、とても良いご縁と思いました。

*豊国神社で結婚式って珍しいなぁ…

 

二人でしっかり「出世」についてお願いしましたが、なんとなく私のお祈りの仕方が曖昧。。

 

案の定というか、その夜の夢で秀吉さんらしき方が「お前の出世ってこんな感じか?」というイメージを見せに来てくれました。

「そうそう、そんな感じですわ!」みたいな… ^_^;    しっかりせぇ、わし。

 

豊国神社での参拝を終えて携帯をみると、私をとても可愛がってくれる親戚のおじさんから「着信あり」。

 

掛け直すと、以前から私にあげようと思ってた本物の「日本刀」が研ぎ終わった、という連絡でした。

 

なぜ日本刀…

 

このおじさんは母方の親戚なのですが、そのルーツを調べてる内に、我々が紀州雑賀衆の中で豪族として活躍した人を祖先にもち、戦国時代は鉄砲を持って戦場で働いた…ということでした。

 

その祖先は足が細かったことから、「足細 (あぼそ)」と名乗ったそうです。

 

そういや、私も母も姉も、そして息子もですが、超 足が細い…。

*母はおデブちゃんなのに、足が細い…

 

そんなルーツで、おじさんの親父さんが海軍に居た時に貰った日本刀が二本あるので、一本を私にくれる訳です。

 

「おじさん今どこですか?」と聞くと、京都の古物屋にいる。

 

豊国神社から車で五分…

 

行くと、おじさんは古物屋で「火縄銃」を真剣に見てる…

 

「おじさん、それは?」と聞くと、「うん、買う。値段? うん、30万」

 

(´⊙ω⊙`)

 

 

大好きなおじさんです。

 

 

という訳で、我が家には本物の日本刀があります。*許可証もちゃんとあります!

 

 

今度、義母タカコの家に持って行って、何か因縁がないか診てもらいます。

 

 

 

二度目の滝行

龍神さんより、「今年三回の滝行をすべし」の宿題を頂いている私と嫁のために、義母タカコも連れて龍泉寺に「二回目」の滝行に行ってきました。

 

先日の台風や前日の大雨で、道中の道路事情や滝の水量など、諸々心配して行きましたが、「全く問題ありません。」でした。

 

先に、美味しいお蕎麦を食べ、本堂でご挨拶を差し上げて「滝行」に臨みました。

 

義母タカコはあっさり行を終え、嫁もなんなくこなし、私も前回のように「延髄」を攻められることなく滝行をしてると、嫁が前回のようにオイオイ泣いていました。

 

義母タカコ曰く、誰かが憑いてるのではなく、「嫁の魂レベル」のところから嬉しくて泣いているそうです。

*なんかあるんでしょうね…

 

 

問題なく全て終わったので、八大龍王が祀られる龍神堂に挨拶に行こうとすると、龍神堂の中からものすごい音が聞こえてきます。

 

「ウオー!」「ぎゃー!」「ター!」という叫び声、光明真言…も聞こえます。

 

中を覗くと二人の女性がいました。

 

おそらく何かに「憑かれた人」と「それを取り払う人」でしょう。

 

鍵を掛けて中に入れなくして、誰も入れなくしてるので、我々もご挨拶が出来ずに帰りましたが、なんかそういうのに付き合わなあかんって、龍神さんも大変やなぁ…と思いました。

 

それから、洞川温泉に行きましたが、義母タカコは「せっかく滝行で身体についた水を流すのはもったいない」ということで入らず、私たちだけで入りましたが、洞川のお湯はスベスベトロトロでとても気持ちいい温泉です。

 

*昔、オカマの友達とこの洞川温泉に行きましたが、当時はカミングアウトする前だったので、彼がオカマちゃんと知らずに行きました。彼にとってはさぞかし天国だったでしょうね…

 

 

さて、次回で三回目。

寒くなる前に行きたいところです。

 

 

 

義母タカコの仏間。

義母タカコのお家には仏間があって、たくさんの仏像が祀られています。

 

相談に来られた方や憑かれて困った方もこの部屋に入ってお勤めをする訳ですが、先日登場したアベンジャーズ母、「I ちゃん」も毎週一回やってきてこの部屋に入ります。

 

先日この部屋に入るとき、「なんか部屋の中がザワザワしてるなぁ〜」と思って、そーっと入ったら 一切に神仏が「誰や!」という感じで振り返って見られたそうです。

 

*部屋の中で、神仏が何やら話をしていたところに、いきなり入ったので睨まれたみたいです。(๑•ૅㅁ•๑)

 

仏間に入るときは「失礼します。」と声を掛けてから入るべし、ですね。

 

先日の滝行で、義母タカコが滝行指導をした家族がご相談に来られました。

 

霊感強い子どもが、「知らない男の子が階段に座ってるよ」と言うので見ると、その子に憑依した男の子が階段の一番上に座っていたそうです。

 

子ども達がワーワーと騒いでるのを見て羨ましかったそうです。

 

その子もこの仏間でお勤めをして成仏して行ったのでもう大丈夫みたいです。

 

僕にはこの仏間で何も見えませんが、「何かいてはる…」というのは感じる仏間です。

 

エアコンが壊れてるので、今年の夏は暑かったです。  

 

直さないかんなぁ… 、うん。 ( ˘ω˘ )

 

 

滝行、恐るべし。

龍神さんより、「今年、三回 滝行をすべし…」と指令を受けていたので、盆明けに「天川村 龍泉寺」に滝行に向かいました。

 

参加者は、「義母タカコ」、「嫁」、「お好み焼き屋女将」、「アベンジャーズ母」と私 の5人。

*「アベンジャーズ母」とは、家族全員ものすごい霊感で幽霊見えまくりの子どもを持つアベンジャーズのラスボスの愛称。家に貞子級の霊がウロついていたりするそうです。(๑˃̵ᴗ˂̵)

 

 

行きの車中で、「パチン!」と音がしたので、車の中に蚊がいたのを誰かが叩いたのかと思ったら、誰もしていないとのこと…(゚ω゚)

 

「たしかに聞こえたよね?」とみんなで、「うんうん聞こえた〜」と言ってたら突然、嫁が大笑い…(・ω・)

 

ゲラゲラゲラゲラゲラゲラ…と約15分笑い続けて止まりました。

 

「誰が出てきてたの?」と聞いても分からない、と言ってたら、義母タカコが「あぁ、今から龍泉寺に行くから、龍神さんが喜んでくれてるんやね。」とのこと。

 

*「パチン!」は、「おるぞ!」と気づかせる為のキッカケ音だそうです。

 

 

「あぁ、こりゃスムーズな旅になるなぁ」とみんなで喜んで行きました。

 

「先にお昼でも食べましょう」と洞川温泉界隈をウロウロして何軒も回りましたが、どこも超満員。入る店入る店で断られ、中には 店員とお客さんに睨まれるお店まで…。✌︎('ω')✌︎

 

「あかん、全然スムーズちゃうやん。腹ペコやけど、先に滝行させてもらおう」と龍泉寺へ行きました。

 

いつもは滝行をする人で、40分ほど待つそうですが、この日は盆の最中というのに誰もいなかったので、すぐに取り掛かりました。

 

 

更衣室で行衣に着替え、滝の前に行きましたら、嫁が「オヨオヨオヨオヨ〜」と泣き崩れました。

 

*  誰?   ಠ_ಠ

 

 

まずは、義母タカコが滝の前で九字を切り、前に滝行をしていた人が残した霊などの念を切り、結界を張ってから  イザ 滝行開始。

 

まずは、義母タカコ。

 

前日の雨で、かなりの水量の滝でしたが、義母タカコは般若心経を三巻と不動明王真言を二十一巻唱えました…。

 

*スゲーな、この72歳 (゚o゚;;

 

「こりゃ、我々には無理や。般若心経を一巻と真言を七巻にしてもらおう」と提言。

 

「それくらいは余裕やろ…」とタカをくくっていました。

 

次に嫁。

 

またまた、「オヨオヨオヨオヨ〜」と号泣。

 

あとで聞いたら、これは龍神さんが「よく来たな!」という波動が嫁と合い、嬉しい気持ちが「号泣」という形で表れたそうです。

 

そして、お好み焼き屋女将。

 

大声で唱える女将。「なかなかやるやん」と思っていたら、「当たりどころが悪くて頭が痛い…」と顔面蒼白。(・・;)

 

「オイオイ、そんなたいそうな…」と思ってました。

 

次にアベンジャーズ母。

初の滝行で、お寺参りも経験が少なく、般若心経も真言も知らない。

 

最初は滝に打たれて怖くて泣いてましたが、やり終えると憑いてたモノが全て取れたのか、表情がスッキリ。

 

「あぁ、身体が軽くなった!10キロは軽くなった。」とのこと。*どんだけ憑いとるねん!

 

 

最後に私。

 

今まで何度か別の場所で滝行をしたことのある私なので、「楽勝や」と思ってましたが、舐めてました。

 

延髄のところに鉄の棒で突かれたように水が打ち付けて来ます。(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

 

位置を変えても変えても容赦なく延髄部を攻めてくる滝。

 

途中で逃げたくなるが、カッコ悪いのでそれはできない…

 

な、な、なんとか終わりましたが、頭が死ぬほど痛い。しばらくすれば治るかと思ってましたが、ドンドン痛くなる…

 

「これはヤバイ。」

 

家まで3時間の道のりを運転して帰るのはかなり厳しいほど痛い。

しばらくベンチで休んでました。。

 

次に、子どもたちと若いママさん御一行が滝行に来ました。

 

義母タカコが、「あなた達は滝行するの?水遊びみたいな気持ちでしたら、大変なことになるのよ」と伝えたら、「実はこの子ども達はものすごい憑依したり、霊を見たりして大変なんです。私たちも憑きやすくて身体が重くて大変なんです…」とのこと。

 

そこで義母タカコが滝行指導をしてあげましたが、なんと一番小さい5歳くらいの女の子が般若心経を唱えながら滝行してたようです。

 

*恐らく、このご一行と縁を繋げるために、ご飯を食べる前に滝行するように仕向けられてたのだと思いますね、たぶん。

 

 

ようやく全てが終わり、「ご飯食べましょう」と向かいましたが、私は気持ち悪くて、全く食べれませんでした。

 

天川村の温泉にでも入れば楽になるかも」と行きましたが、これまた楽にならない…

 

 

この間、お好み焼き屋女将も同じ症状。

 

嫁が持ってた痛み止めの薬を飲んで、少しだけマシになったタイミングで車を運転して帰りました。*でも、ものすごいしんどかった。(◞‸◟)

 

義母タカコの家に帰り、仏前でこの痛みを和らげてもらおうとお好み焼き屋女将と私でお勤めをしてもらいました。

 

女将は憑いてたモノが取れてすぐに楽に。

 

私は、「龍神さんがお主(私)を鍛えようとしてくれてる。もっと力をつけて、そしてもっと神仏を信じる必要がある。」と龍神さんのメッセージを伝えてくれましたら、スーッと楽になりました。

 

 

うーん、たしかに舐めてた。

 

 

もっと真剣な気持ちで、力をつけるようにしないとあかんなぁ…と反省。

 

 

まだまだ奥は深く、先は長いぞ 修業の道。

 

 

 

*帰り道に、女将が撮った空。何か写ってますね。

 

f:id:Jack-u:20180818094819j:image

ちなみに、僕も嫁もこの「星のようなモノ」が、消えたり出てきたりしてるのを見て、不思議に思ってました。

 

義母タカコ曰く、龍神さんの「目」だそうです。