僕と嫁と義母タカコの成霊日記

神戸に住む普通の僕と憑依体質の嫁と強力霊的パワーを持つ義母タカコとで繰り広げる浮かばれない霊たちとの交流日記! それぞれの霊たちのストーリーをブログでお届けします。 ※これは霊たちのリクエストでもあり、記録として伝えてほしいということなのですが、マジメに書くとなんとなく恐いので、明るくライトに書き綴ります。

現われましたるは…

久しぶりに嫁…話。

 

 

週末、義母タカコが住む実家に向かいました。

 

道中、やたら「888」のナンバーの車を見ました。

私と息子は1.2台ですが、嫁は4.5台の888ナンバーの車を、しかも、続けざまに…

 

「やっぱり義母タカコの家に行く時はすごいなぁ〜」と言いながら到着。

*我が家では、888ナンバーの車をみると、「ついてる!」ということになってるのです。

 

 

仏前に、龍神さん用に供えられている日本酒、「福寿」が飲みたくて、晩酌で頂こうと、私と義母タカコで「盃」を用意しました。

 

嫁は、彼女が大好きな「本搾りグレープフルーツ味」を一人でチビチビ飲み始めてたので、盃を用意してなかったのですが、何となく気になって、「少し日本酒も飲むかい?」と聞くと「そやね、少し頂くわ」と(珍しく)言うので、小さめの盃を渡しました。

 

いつもは一口飲むくらいで盃を置くのですが、今日はちゃう。

 

グググーッと飲んで、まだ盃の底を覗いてる…∑(゚Д゚)

 

「あぁ、これはどなたかが来られてるな」と義母タカコと確認しながら、「どちら様ですかー!」と聞いてみました。

 

嫁はニヤニヤ笑いながら、ただただ酒を呑む…

 

 

その日本酒は龍神さんに供えていたので、龍神さんかと思いましたが、少し違う。

龍神さんの場合は、大きくグルグル〜と回り出したりするし、嫁の身体に入りきってないデカイ感じがします。

 

まだまだ飲みたそうだったので、もう少し大きめの「ぐい呑」を渡し、なみなみと日本酒を注いだら、これまたグイグイ飲み干さられ、「プハーうまい!」と立て続けに3杯飲まれました。

 

その間、義母タカコは「どなたやろ。ご先祖さんじゃなさそうやし…」と思案してましたが、突然閃いたように、「あ。大黒さんですね!」と聞きました。

 

 

すると、両手で顔を隠す仕草をして、「しもた、バレてしもた…」と照れ笑い。\(//∇//)\

 

 

「うそやーん、大黒さんと一緒に呑めるなんて、夢みたいやーん!」と感動。(⁎⁍̴̆Ɛ⁍̴̆⁎)

 

大黒さんて、こんな感じなんや。

*可愛らしい感じ?

 

今まで、夜中に、お米を「ザザー」と家に入れに来てくれたことはありましたが、リアルに大黒さんが出てきてくれたのは初めて。

*つまり、「音」でしか大黒さんを感じたことがなかったのです。

 

 

そこから大黒さんが色々とお話しをしてくれました。

 

------

 

来る道中、「888ナンバー」の車を立て続けに見たのは、大黒さんが段取りしたそうです。

*「これから良くなるで!」を暗示するために。

 

 

そして、「不平不満、愚痴」を言うな。

 

あとは、我々の家族やバリ島に住む義妹家族の事など色々と教えてくださいました。

 

 

実は私、昨年の夏から秋にかけて、大黒さんのお経を七巻、真言を540回唱える修業を108日間させていただきました。

 

おそらく、その修業の甲斐あってか、「大黒さんが近くに来ていただいたのでは」、と思いました。

有り難いなぁ〜

 

やはり、神仏が身近にいてくれているというのは心強い。

 

頑張ります!  ٩(^‿^)۶

 

 

 

バリの神様!?

義妹が住むバリ島に15日間いました。

 

プールに行ったり、ショッピングしたりと遊びもしましたが、そこは信心深い我々ですので、「神々の島」であるバリ島の寺院に参拝してきました。

 

なんとも言えない空気が漂う空間…

 

f:id:Jack-u:20190119102519j:image

しばらくすると、「位の高いお坊さん」が出てこられ、「ムルカット」と呼ばれる儀式をしていただきました。

 

聖水を頭に付けてもらってから口に含み、なにやらヒンドゥー教真言を唱えて清めていただきました。

 

人間の体はほとんど「水」で構成されてるので、聖水を含むことで、身体の中から浄化されるわけです。

 

その儀式に感極まった嫁は、涙を流しながら清めてもらってました。

 

お坊さん曰く、心が清らかな人は魂が喜んで涙を流すそうです。

*怖い嫁ですが、心は清らかなんです。

 

私は頭のてっぺんをお坊さんに触れられた時、頭のてっぺんの感覚がなくなり、「ツーン」という感覚。

天と繋がっているような不思議な感覚になりました。

 

 

 

儀式が終わり、しばらくお坊さん達と談笑してから、「寺院に入って良い」と許可を頂き、お堂に入らせていただきました。

 

寺院の中に入ると…

 

f:id:Jack-u:20190119102936j:image

 

左の「象」の神様はガネーシャ、右の「猿」の神様は名前を忘れました…^_^;

 

そして真ん中の神様は「シヴァ神」、

ヒンドゥー教の神様です。

 

バリ島が「神々の島」と言われるのは、こうした神様がいらっしゃるからですね。

 

 

 

さてさて、後日のこと。

*私達家族がバリ島を離れてから半月くらいが経った頃…

 

 

義妹がビザの更新でシンガポール渡航した際、空港で子供たちの写真を撮りましたら、何やら写っていました。

 

f:id:Jack-u:20190119145018j:image

 

紫色の「オーブ?」みたいな物が写ってます。そして、2歳の男の子の左手が観音様のような手をしています。

*顔はボカしてます。

 

そして、シンガポールから帰った翌朝。

 

義妹が寝てるか起きてるか…境目の明け方の頃、義妹の耳元で「◯◯◯よ…」と彼女の名前を呼ぶ声が聞こえて、飛び起きたそうです。

 

日本人ではなく、インドネシア人風の男性の声。義妹の旦那は海外に単身赴任しているので、家には義妹と子供二人、あとはインドネシア人ベビーシッター(女性)さん。

*なので、家に男の人はいません。

 

その声が聞こえた時、2歳の息子も飛び起きてギャン泣きしたそうです。

 

 

だ、誰や?…

 

 

 

はい、ここで「義母タカコ」に確認。

 

 

 

 

その声の主は「シヴァ神」さんだったそうです。

 

シンガポールからの帰り、飛行機からバリ島が見えた時、義妹はバリ島の神様に「ほんま、ほんまにありがとうございます!」とお礼と誓いを込めて祈っていたそうです。

 

その翌朝ですから、シヴァ神さんが「ちゃんと聞き届けたよ」とわざわざ伝えにきてくれた。

 

そして、「これからも守ってやるよ」と言いにきてくれたそうです。

 

3月、「100年に一度の大祭」がその寺院であるそうなので、しっかりとお礼に行かないといけませんね。

 

 

 

子供部屋のドア 「バリ島編」

大変ご無沙汰しております。

 

「全然更新ないやん!」と突っ込まれ続けてますが、何も無いのに書けないんす。

 

*リアルガチに起こった現象しか掲載しないんす!

 

「このまま何も無いまま年越すか」

 

そう思って、年末からバリ島に住む義妹家族のお宅に訪問してます。

 

 

義妹家族が住むのは一戸建ての広い家で、ゲストルームもあるのですが、イビキがヤバイ私はリビングのソファーベッドで寝ています。

*嫁も息子も一緒に寝てくれません。

 

 

バリ島だけに、色んな虫や鳥がいますので、夜も色んな音が聞こえます。

*夜なのに鳴くニワトリもいます。

 

風が強い季節なので、家の中でもガタガタ…という音がよくします。

 

ある夕方…

 

嫁が、「あれ? いま白い服着た人が歩いてたね…」とリビングで言いました。

 

嫁や義妹、義母タカコもバリ島でよく妖精を見てますので、「あぁ、今はお盆の季節(ガルンガン)なので、妖精やろ」と"バリ島アルアル"として片づけてました。

 

私は相変わらずリビングのソファーで寝てるのですが、バリ島来てからずっと、夜中にリビングの隣の「子供部屋」のドアが「ガタガタ」となります。

 

毎朝、「夜中に誰か子供部屋に来た?」と聞いても誰も来てません。

  

 

*そりゃそやな。

 

 

昨夜のこと。

 

なかなか寝付けない私はソファでウトウトまどろんでましたら、また子供部屋のドアが「ガタガタ!」と鳴りました。

 

時計を見ると深夜2時前。

 

 

恐る恐る子供部屋のドアを見ると、リアルにドアの中から誰かに押されてます。

*観音開きの扉なので、手前に開くことはないのですが、中から押されてドアが手前に膨らんでるのがリアルに見えます。

 

窓を閉めてるので風が入ることもない部屋のドアが誰もいない部屋の中から、何者かに開けられようとしてる…

 

 

こ、怖い…

 

 

さすがにドアを開けて中を確認するほど度胸はありません。*開けて誰かおってもインドネシア 語で何と挨拶すればよいかわかりません。

 

 

あまりにも毎夜ドアがガタガタ鳴るので、日本にいる義母タカコにLINE電話で確認しました。

 

 

 

 

やはり、どなたかいらっしゃるようです。

嫁が見た白い服を着た女の人です。

 

子ども達が遊ぶのが楽しくていつも見てるらしい。

 

いつもは子供部屋のドアは開けたままですが、リビングに寝ている私にとってはエアコンが効かないのでドアを閉めてしまっているので、その現象が起こってるようです。

 

寝る前に子供部屋の中にフルーツとコップに入った水を台に載せてお供えすること。それを1週間やるように、とのことでした。

 

 

実は私がバリ島に来てから、頭の中に「異国の人よ…」と語りかけられてました。

 

義母タカコ曰く、それも気のせいではなく、本当に語りかけてたようです。

 

 

今日から一週間は、ちょうど我々が帰国する日です。

 

供養になれば幸いですが、その事実を知った上でもリビングで寝るように指示する嫁はさすがです。

 

 

追記

あれからドアを開けたまま寝てたのですが、今朝起きたら子供部屋のドアが閉まってました。

 

誰に聞いても閉めてないと言うので、「これは逝きはったな…」と思い、義母タカコに確認すると、やはり逝きはったそうです。

 

*6日間、「延命十句観音経」を唱えました。

 

よかった!

 

 

義父と先祖があの世で…

さぁ、義母タカコの家に着きました。

 

さっそく浄霊してもらおうと思って嫁を見ると、「シッ。」と言って首を振ってます。

 

気づかれたくないそうです…

 

まだ上がりたくない…

 

そのままそっとして、晩ご飯。

 

嫁は、大大大好きな「本搾り グレープフルーツ味」を飲んでました。

 

すると、「あぁ、美味しないなぁ…なんやコレ」と言う…

 

これは異な事を…

 

家には「常時一箱(24本)」在庫しているほど好きな「本搾り」…

 

これは誰かが出てきてるな、と。

 

「あぁ、そしたら日本酒でも飲みますか?」とよく冷えた純米酒を義母タカコが出すと、「そうそう、これや!これこれ」と言って飲みだしました。

 

「おぉ、○○○も飲め!」と私の下の名前を言いました。

 

あれ? なんでワシの名前を知ってる?

 

義母タカコが、「あなたは、○○○くんのご先祖さんですね?」と聞きました。

 

『そうや。ワシは前からずっとおるのに気づいてないんや。夏に少しだけあの家にきたやろ?その家のもんや。』…

 

そういえば、夏休みに母方のおじいちゃんの遺影を写真に撮りに行きました。*息子の自由研究のために行ったのです。

 

もしかして、僕のおじいちゃんかと思いおじいちゃんの名前を言いましたが、『違う』と言う。

 

「ほな、誰?」と聞きましたが、名前をとんと忘れてはります。

 

僕のひいおじいちゃんでもなく、その前のご先祖さんのようです。

 

『わえはなぁ、この子が可愛くてなぁ。ホッペが柔らかくてかえらしいんや』と息子ラブ。

*「わえ」とは和歌山の方言で、自分のことをそう言いますが、最近の人は使わない言葉でうちの親父でさえ使いません。なので、嫁は知らない方言です。

 

色々と語り出しました。

 

・日本髪が綺麗な奥さんと死に別れ(病弱だったそうです)、あの世に行っても会えない。*でもご先祖は成仏しきれていないので会えない…

 

・三途の川は渡ったけど、そこから先に行けない。*渡ったんかい!

 

このご先祖さんは、「あっちに行きたいけど怖い…けど、行きたい…」と困ってたら、なんと嫁のお父さん(8年前に亡くなった義父)がこのご先祖さんとあの世で出会い、義母タカコ(小指を立てて、『ワシのコレ!』と言うてたそうです)に会えば成仏できるから、嫁に憑くように言われたそうです。

*最初は僕に憑いてたけど、僕が気づかないから嫁に憑いたそうです…すまん、ご先祖。

 

ちなみに、お義父さんはあの世でえらく熱心に学んで、あっちこっち飛び回って修行しているらしい…

 

ご先祖は私に「奥さんがよく作ってくれた黒豆(そんなに甘くない)」やお酒を枕元に供えてくれるように依頼し、ようやく義母タカコの仏間に行く決心をされました。

 

しかし、仏間に入るところで立ち止まり、座り込んでしまいました。

 

『あかん、眩しすぎる! 入れないからココでたのんます。』と言う…

*コレ、みんなそう言うんですよね…

 

力づくで仏間に連れて行きましたら、『うわぁ、ものすごいたくさんいらっしゃる…』

*これも皆さんそう言うんですよね…めっちゃ神仏がいはるらしい。

 

義母タカコから、日蓮宗の「自我得仏来」の指示。*最近このお経やなぁ…

 

 

するとご先祖。

 

『どうしとったらええですか? あの穴に向かえばええですか?』…

 

 

穴… ? 穴が見えるん  ʕʘ‿ʘʔ

 

「ようわからんけど、どなたか仏さんが迎えにきてくれるから、その方について行ったらええんちゃいますか。」と伝え、手を合わせてもらったら、横になって、スーッと息を吐いて上がって行かれました。*仏さんの導きではなく、自ら向かって行けたそうです。それだけの徳をつんでたみたいですね、ご先祖。

 

ご先祖さんが上がる前、私に伝えてくれました。

 

『あの袋を持った人がな。。』

 

袋?

ははーん、先日 布袋さんが家に来てくれてたので、「あぁ、布袋さん?」と聞くと、『違う。髭の生えてはる人や』…とのこと。

 

 

あぁ、大黒さんや。

 

大黒さんがご先祖にこれからの私について教えてくれたことを伝えてくれました。

*あの世では普通に存在してはるみたいですね…

 

 

しかしありがたや、大黒さん (^人^)

アザッス。

 

 

 

成仏され、やれやれと思ってはみたものの、どうも解せん。。

 

Mちゃん家で出てきた人は、このご先祖さんだったのか? それなら、なぜ子孫の私を睨みつける?

話し口調からしても、あれは完全におばちゃんやったと思うねんけど…

 

 

 

その疑問を嫁にぶつけると、答えは簡単。

 

「うん、まだ 2、3人、中にいてはるわ」…

 

「憑いてたいなら、憑いとけばよい」と嫁。

 

 

 

 

出てきはったら、その時はまた。

 

 

 

おかあさんだうん…

「今日はMちゃん家で食べるから、パパは外でご飯食べてきて」

 


そう言われて、事務所近くの立ち飲み屋でハムカツを肴にレモンチューハイを飲んでたところに、息子からのメール。

*最近キッズケータイを持たせました! 友達の家に遊びに行ったら帰ってこないので…

 

 

 

「おかあさんだうん!」

 


はい、嫁 ダウン。

 


ママ友で集まると必ず飲む嫁達…

 

いつも通り、嬉しなってお酒を飲み過ぎて酔い潰れてるんやろな…と思ってたら、Mちゃんから電話。

 


「あかーん、誰かいてはるわ。義母タカコに電話したら、すぐに落ち着くって言うねんけど…」

 


久しぶりやな、嫁。

あぁ、久しぶりやないかい、嫁よ!!!

 


他のママ友や子供たちには先に帰ってもらって、息子をMちゃん家でお風呂に入らせてもらうようにお願いして、立ち飲み屋を後にして向かいました。

 

 

 

到着すると、嫁は横たわっています。

 


ココは光明真言あたりでいったんおさまってもらって、その隙に家に帰ってからゆっくり浄霊しよう、と思い、得意げに光明真言を唱えました。

 

 

 

嫁、「うるさい! 気持ち悪いなんか唱えやがって…やめろ。」

 


や、ヤバい人や。。

 


嫁、「あのな。お前が誰か知らんけど、私はこの子(息子)とおりたいんや。邪魔すんな!」

 

 

 

そうなんです。息子はおばちゃん浮遊霊に人気なんです。

 

 

 

『そうは言うても、息子は明日学校やから、早く帰って寝ないとあかんやん』

 

この時点でもう22時…息子はとっくに寝ている時間…

 


嫁、「うるさい!ココに泊まればええやないか!」…

 


めちゃくちゃや。

 


こうなったら力づくで連れて帰るしかありません。

 

タクシーを呼んでもらったら、なぜか嫁は自分から歩きだして、タクシーで帰りました。

 

 

 

家に帰っても、まだ誰かがいます。

 


朝起きてもまだいます。

 


そして私をにらみつけてます…(*゚▽゚*)

 

 

 

今から義母タカコの家に行きます。

 


さぁ、この人は成仏できるのか?! 乞うご期待! !

コンコンコンコン…

変な夢を見ました…

 

どこか学校の教室みたいなところで、私と嫁、そして義母タカコとで、「何かの集まり」に参加してました。

 

何の会か分からないのですが、みんなドレスみたいなものを着て踊っています。

 

私と嫁は隅っこに座って様子を見てるのですが、義母タカコは青いドレスを着て蝶のように踊り狂っています。

*周りの人に「ここに書けないくらいの悪態」をつきながら!!  (´⊙ω⊙`)

 

夢の中で怖くなって来た時。

それは、起きてるのと寝てるの「丁度中間くらい」の時で、半分金縛りみたいな状態の時。

 

私の部屋のドアが「コンコンコンコン」とノックがしました。  (´-`).。oO

 

 

夢から覚めてホッとしましたが、ノックは誰が?…

 

 

こ、怖い…

だ、誰?…

 

なにか応えないといけないと思って、メチャクチャ小声で「は、はい…」と言いましたが返事は無し…

 

ドアを開ける勇気も無し…

 

時計を見ると、時刻は04:56   (4 5 6!)

 

 

 

嫁や息子が起きてから聞きましたが、当然彼らはノックなどしません。。

 

 

「誰やったんやろ?」ϵ( 'Θ' )϶

 

 

 

すぐに義母タカコにLINEしました。

 

 

「うーん、わからないなぁ。また(神仏からの)メッセージあれば伝えるわね…」と言われてから2日後。ようやく連絡がありました。

 

 

ノックしに来てくれたのは、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「布袋さん」   かーい!(=´∀`)人(´∀`=)

 

大きく「ハイ!」と返事して、ドアを開けるべきやったやないかーい!    ( T_T)\(^-^ )

 

前回来てくれてから12年…

 

*「プレゼントはサンタさんから?」参照

http://jack-u.hatenadiary.jp/entry/2016/12/22/234335

 

 

ご無沙汰してます。

ありがとうございます。

これからもよろしくお願いします!

 

プチ京都ツアー

我が家は毎月、月初めか真ん中に、「廣田神社」さんにお参りに行きます。

 

嫁が結婚式に関わる仕事をしているのもあって、ご縁の神様でもある廣田神社に行くのです。。

 

いつもの通りお参りしてから、「今から京都行く?」とどちらかともなく言いました。

 

目的は「豊国神社」。

 

私は前回、ブログで書いたように、一人で行きましたが、嫁も「出世」に興味があるみたいです。∧( 'Θ' )∧      *ええことだす。

 

西宮から京都までは高速で行くとすぐ。

 

途中「渋滞」の表示がありましたが、なぜかスーッと到着しました。

 

いつも静かな豊国神社ですが、今日の境内は人だかり。

外人さんもたくさん集まってて、何事かと思ったら、なんと豊国神社で結婚式をしてました。

 

前述通り、嫁は結婚式に関わる仕事をしてますので、とても良いご縁と思いました。

*豊国神社で結婚式って珍しいなぁ…

 

二人でしっかり「出世」についてお願いしましたが、なんとなく私のお祈りの仕方が曖昧。。

 

案の定というか、その夜の夢で秀吉さんらしき方が「お前の出世ってこんな感じか?」というイメージを見せに来てくれました。

「そうそう、そんな感じですわ!」みたいな… ^_^;    しっかりせぇ、わし。

 

豊国神社での参拝を終えて携帯をみると、私をとても可愛がってくれる親戚のおじさんから「着信あり」。

 

掛け直すと、以前から私にあげようと思ってた本物の「日本刀」が研ぎ終わった、という連絡でした。

 

なぜ日本刀…

 

このおじさんは母方の親戚なのですが、そのルーツを調べてる内に、我々が紀州雑賀衆の中で豪族として活躍した人を祖先にもち、戦国時代は鉄砲を持って戦場で働いた…ということでした。

 

その祖先は足が細かったことから、「足細 (あぼそ)」と名乗ったそうです。

 

そういや、私も母も姉も、そして息子もですが、超 足が細い…。

*母はおデブちゃんなのに、足が細い…

 

そんなルーツで、おじさんの親父さんが海軍に居た時に貰った日本刀が二本あるので、一本を私にくれる訳です。

 

「おじさん今どこですか?」と聞くと、京都の古物屋にいる。

 

豊国神社から車で五分…

 

行くと、おじさんは古物屋で「火縄銃」を真剣に見てる…

 

「おじさん、それは?」と聞くと、「うん、買う。値段? うん、30万」

 

(´⊙ω⊙`)

 

 

大好きなおじさんです。

 

 

という訳で、我が家には本物の日本刀があります。*許可証もちゃんとあります!

 

 

今度、義母タカコの家に持って行って、何か因縁がないか診てもらいます。