読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕と嫁と義母タカコの成霊日記

神戸に住む普通の僕と憑依体質の嫁と強力霊的パワーを持つ義母タカコとで繰り広げる浮かばれない霊たちとの交流日記! それぞれの霊たちのストーリーをブログでお届けします。 ※これは霊たちのリクエストでもあり、記録として伝えてほしいということなのですが、マジメに書くとなんとなく恐いので、明るくライトに書き綴ります。

弘法さん

日本で最も馴染みのあるボンさんと言えば、弘法さんこと、空海-弘法大師

 

釈迦から1200年後に存在した日本の偉人。

生きたまま仏になられ、高野山で今尚 即身仏の状態でいらっしゃいます。

 

高野山奥の院に行かれた事がある人は分かると思いますが、空気がバツーンと変わりますよね。

 

そんな弘法さんは、ありがたいことによく義母タカコに出てこられます。

 

年末とかココ!と言うときに出てきてくれるのですが、日本史上最高の天才であり、「いろはにほへと」で日本人に平仮名を分かりやすく教えた超偉人なので、どんなすごい感じかと思いきや、ものすごーく優しく話される温和な方…

 

ものすごく上品で優しく話され思いやりのある愛に溢れる感じでお話ししてくれます。

 

しかし、弘法大師さんの事って実はあんまり知りません。知ろうと思って解説本を買ってもイマイチ難しくて分からなかったのですが、今日とても読みやすいのがあったのでゲットしました。

 

「人生の悩みが消える空海の教え」という本で高野山阿闍梨さんが書いてます。

 

まだ読み始めなのでこれからですが、最初のページからガツーンとやられました。

 

 

「雨足多なるもこれ一水なり」

 

人間なんて雨のようなもの。

必然があって、雨となって降り、地面についたら無くなり、溝から川に行って海になって水蒸気となって雲になってまた雨となる。

 

宇宙や地球の歴史から考えると我々人間の一生なんて雨みたいなもの…

 

もともとは海のような何か大きいところで一つだった。

 

それが雨、個体としての存在、人間となり、悩みが生じたり人を批判したりするけど、元々は同じ海で一つやったやんか!

実際、人間の身体もほとんど水分やし。

 

みたいな…

 

 

シビれる…

弘法さん、マジ痺れるわ。

 

 

 

 

 

七福神 episode- 4. 弁財天

ウチの息子は今年で8歳になりますが、産まれる前、弁財天さんが来てくれました。

 

「あと10日ほどで産まれる」というタイミングで、家族みんなで淡路島の「七福神巡り」に行きました。

 

大黒さんから始まり、弁財天さんのお参りで終わる淡路島七福神巡りは、ちょうど淡路島を一周できます。

 

最後の弁財天さんで、「どうか元気な男の子が生まれますように…」とお願いして家に帰りました。※エコーで既に男の子と分かってたのです。

 

ロングドライブなので、早めに寝ました。

 

嫁と二人で寝てたのですが、夢うつつな丑三つ刻に、誰か女の人の声が聞こえます。

 

「あれ、嫁が起きてるんかな…」と思って隣を見ると、半透明な女の人(松坂慶子みたいなキレイな熟女!)が天女のスタイルで宙に浮いてます。(´-`).。oO

 ※めちゃくちゃ綺麗な羽衣をまとってました!

 

そして、臨月パンパンの嫁のお腹に向かって、「あぁ、可愛い赤ちゃん。私が護ってあげるからね。私の赤ちゃん…可愛いね…」と言ってるのがハッキリ聞こえました。

 f:id:Jack-u:20170409181124j:image

※こんな感じ (息子に「どんなんやったの?」とせがまれて描いた絵)

 

これはもう義母タカコに聞かなくても、「はい、弁財天さん」てのが分かりました。^_^;

 

それから程なくして、予定よりも一週間早く息子は産まれましたが、お陰様で元気でヤンチャに育ってます。

 

弁天さん、そんな息子も明日から小学二年生です。

 

ありがとうございます (^O^)/

 

七福神 episode-3. 毘沙門天 降臨!

 

そんな義妹ですが、バリ島に行く前の10年前はとても信心深く、寺参り、神社巡りをものすごくしてました。

 

仕事が大変だった時でもありましたので、まさに「神頼み…」だったのでしょう。

 

ある時、彼女は毘沙門天の総本山「信貴山」の徹夜参りに行きました。

 

深夜からお参りを始める「業」に参加した義妹は、眠気と疲れから、勤める会社に帰ってから事務所の一室で仮眠を取ってました。※役員だったので、割と自由。

 

ウトウトと寝かけ、起きてるのと寝てるのとちょうど中間くらいの時、どこからか「ガシャン、ガシャン…ガシャンガシャン…」という音が聞こえてきたそうです。

 

夢うつつな中、「なんやろ、(会社に) 誰が来てんのやろ…」と思ってたら、急に宙に浮いたような感じになったそうです。

 

「うそやん、う、浮いてるやん、私…」

 

明らかに何者かにお姫様抱っこされてたそうです。

 

信貴山の徹夜参り後だったので、甲冑を着た毘沙門天さんが、「お主、ようきたな。ワシが護ってやるからな!」と来てくれたようです。

 

仕事のトラブルを抱えてた義妹ですが、それからスルスルーっとトラブルが解消し、うまく行き出しました。

 

毘沙門天に助けられた義妹は、感謝の意味を込めて、京都の仏師に頼んで毘沙門天の仏像をこしらえました。 

 

それからバリ島に行くことになったのですが、その仏像を持っていくと飛行機で壊れるかもしれないということでやむなく諦め、今は義母タカコの仏間に祀られてます。

 

義妹が毘沙門天さんにお姫様抱っこされた時に感じたのは、「優しくて頼もしくて強かった」そうです。

 

 

男子たるもの、そうありたいものですね!

 

 

義妹と義母タカコ

 

 

嫁が落ち着いてるので、別ネタです。

 

先日、義母タカコと義妹家族がお伊勢さんに参りました。

※義妹家族はインドネシアに住んでるのですが、子どもが生まれたので顔見せ帰京中。

 

伊勢神宮に参る前日、旅館で泊まる部屋に「コンコン…」と外湯の出口のガラス戸がノックされました。

 

「あれ?ベランダから誰か来たよ…」と開けても誰もいません。

 

「おかしいなぁ、風かなぁ〜」と思ってたら、もう一度「コンコン、コンコン…」とノックされたから、もう一度外を見ても誰もおらず、風もなし。

 

ベランダの外は伊勢神宮の内宮の森とつながってるところなので、「うーん、神様ちゃう?」と軽く流す”神慣れしすぎ”な義母タカコ…

 

 

翌日早朝、伊勢神宮に参拝した時は、全く風が吹いていない穏やかな春の朝でしたが、参拝し、木をナデナデした後で荒御霊さんところに行こうとしたら、「ビュー!!ビュー!」と風が吹いたそうです。

 

お伊勢さんは、風で存在をお知らせしてくれると聞いたことがあります。

 

きっと「よくきたな!」というメッセージだったのでしょう。

 

さて、この義妹。

霊的な存在ととても縁が深いにもかかわらず、「お化け怖い!」というのでこの手の話が苦手ですが、昔は携帯で普賢菩薩さんとメールでやりとりして、仕事の相談をしてました。 ※当時はガラケー

 

そんな義妹は、「神々の島」と言われるバリ島に住んでもう10年が経ちます…。

 

バリ島は神様の許可が無いと入国できないか、入れてもトラブルが起こるらしいです。

 

ちなみに私は20年前、バリの空港でイミグレに咎められ、入管に追いかけ回されて逃げ回ったことがあります。

※当時、スーツを着たまま、ほとぼりが冷めるまで(約3時間)クタビーチで土産屋のおばちゃんに紛れて隠れてました。そう、髪の毛をドレッドヘヤーにされながら…

 

 

 

ありがとう、バリ。

 

 

 

 

お好み焼きの女将

最近、嫁はとても落ち着いてます。

お彼岸も無事、何事もなくスルーしました。

 

今日も墓地を通らないようにしたりして、なるべく憑かないように気をつけてます。

 

なので、今日は前にも登場した、とても憑きやすい「お好み焼きの女将」について。

 

彼女はほぼ毎日のように義母タカコの家に来ています。

 

先日は、お彼岸で詣りに来てくれたお坊さんに憑いてた浮遊霊が憑いてたようです。

※あかんやん、ボンさん。。

 

また先日は、ウチの嫁方の親戚で不幸な亡くなり方をした叔父さんが憑いてたようで、「おぉ、元気か〜。すまんなぁ、ワシはもうちょっとゴニョゴニョゴニョ…」と何かを言ってたそうです。 

 

 

いずれにしても、この女将のお好み焼きは絶品。※僕はスジモダンが好きです。

 

お店情報を載せれないのが残念です…^_^;

 

 

 

 

法事…

先日、嫁方の実家の法事がありました。

 

僕はその前々日から仕事(海外からの来客アテンド)で行けなかったのですが、終わったころ位に嫁の実家に嫁を迎えに行こうとして、嫁に電話を入れました。

 

・・・繋がらない。。

 

「まだ法事の途中なんかな?」と思ってたら、嫁からコールバック。

 

でも、折り返しかかってきた声は明らかに別人。。(^_^;)

 

嫁、「もひもひ~、うーん、うーん。。」

僕、「今から迎えに行くけど、もう法事は終わってる?」

嫁、「うーん、おはってるぅ。。うーん。うーん。。」

 

声は嫁やけど、完全に違う人でした。

 

法事で誰かが出てきたのでしょう。

 

嫁の実家に着いて見ると、嫁は義母タカコに抱きかかえられて呻いてました。

 

嫁、「あのなぁ~、わしらはなぁ、死んであっちにおるとなぁ、『ええボンさん』か『あかんボンさん』かわかるんや!今日のあの坊主は『あかん』坊主や!あんなんお経ちゃうねん!」・・・と叫んでる

 

どうやら30回忌を迎えた死んだおじいちゃんがボンさんにクレームしているようでした。

 

しばらくすると、また違う方が出てこられました。

 

嫁、「みんなで飴ちゃんを食べなさい。口の中でコロコロ言わして食べて頂戴!」

 

大きな飴ちゃんを常にキープしている義母タカコがそこにいるメンバー全員に飴を配ってなめだすと、「ちゃうちゃう!もっとコロコロ言わせてなめてよ。あ、そこの僕ちゃんは上手やねぇ~」とうちの息子を褒めてくれました。(^_^;)

 

この子にも食べさせてあげて~」と義母タカコが飼っているフレンチブルドックにも食べさせてました。。(アカンやろ)

 

当然僕もコロコロ言わせてなめてましたら、「あんたは誰や!」と突っ込まれたので、自己紹介をしておきました。

 

この方は嫁の曾おばあちゃんで、息子は玄孫に当たります。

法事で祀った方で50回忌です。。(めっちゃ前やのに出てくるんですね)

 

しばらくして、もう一人出てきて、ワーワー言ってましたが、しばらくすると三人とも嫁から出て行きました。

 

いつもなら、霊が出て行くとケロッとする嫁もこの日は「まだ気持ち悪いから寝るわ・・・」と言うので、おかしいな。。と思ったら、僕がいない前日にお客さんたちと飲みに行ってベロベロで帰ってきてたらしく、明らかに飲みすぎでした。

 

ただの二日酔いやん。。。

 

 

 

 

 

 

向かってくる波

生きてれば色々ありますね、ホント。

 

自分が願ってるのかどうか分からないけど、向こうの方から流れてくる「運命の波」ってのがあって、自分ではそれが来る直前になっても予想がつかない。

 

 

いつも行く姫路の寺のボンさんは、「常に直感を磨け」と言う。

 

直感を磨くためには、次の三つをやる。

 

一 、 よく見かける数字や言葉などに注意を払う。

 

二、身体の詰まりを無くす。

 

三、ポジティブに考える。

 

 

僕は万年、鼻が詰まってるし、腸がとても弱いので、一番目と三番目を鍛えるしかない。※先日、腸セラピーに行ったけど。^_^;

 

向かってくる波は乗りこなせるかどうか分からないけど、「乗ろう!」と思わないと乗れないし、スルーばかりしてたら、いつまでもそこに止まったまま。

 

行動することは人間にしかできないので、天に向かって「お願いしますよ〜〜」と頼みながら、自分はしっかり智慧を絞って一歩を踏み出す。

 

 

 それしかない。