僕と嫁と義母タカコの成霊日記

神戸に住む普通の僕と憑依体質の嫁と強力霊的パワーを持つ義母タカコとで繰り広げる浮かばれない霊たちとの交流日記! それぞれの霊たちのストーリーをブログでお届けします。 ※これは霊たちのリクエストでもあり、記録として伝えてほしいということなのですが、マジメに書くとなんとなく恐いので、明るくライトに書き綴ります。

えべっさん 現わる

昨日(6.6)は、「大黒さんの日」ということで、いつも行く姫路のお寺で2か月に一度行われる「大黒様縁日大祭」に嫁と義母タカコ、お好み焼き屋の女将達と行ってきました。

 

※「甲子(きのえね)の日」は大黒さんの日と言うことで行くわけですが、甲子が何なのか全くわかりません! でも、大黒さんに会えるような気がして行くわけです。はい、神戸から高速に乗って、朝の早くから行くんです。※高速料金値上げ反対なんです!!!

 

大祭と言ってもお祭りではなく、めちゃくちゃお経を唱えます。

 

「一二三祝詞(ひふみのりと)」をあげて、「般若心経」を17回唱え、最後に大黒さんのお経をあげます。

※結構大変なんです。(*´Д`*)

 

それが終わると、ボンさんの法話があります。※僕はそこのお寺のボンさんが話すお話が好きで行ってるところもあります。

 

そのボンさんはまだ40代前半と若いのですが、義母タカコが相談するくらい力のあるボンさんで、「あぁ~、この人はもともとヤンチャやったんやろなぁ・・・」というボンさんです。

 

今日のお話は、大黒さんは不動明王の化身で、不動明王さんがどえらい苦行をされ「もうあかん!もうこれ以上はアカンのや!!!」という業から解脱されたときに、あの柔和な顔の大黒さんになられたという話。。

 

我々人間に教えたいことは、「どんなに辛いことがあっても、大黒さんのようなあの柔和な顔が自然体としてできるようになることが、人間の修行やでぇ~」ということだそうです。

 

※人間、メッチャ大変やん。(๑•ૅㅁ•๑)

 

 

てなこと言うてるうちに、ボンさんの説法も終わり、嫁と義母タカコ、お好み焼き屋の女将とベチャクチャ喋ってたら、義母タカコが「今月(6月)になって一発目の朝のお勤めしてたら恵比寿天(えべっさん)の仏像と目が合ってん。」

※義母タカコの家の仏間にはたくさんの仏さんが祀られてます。

 

「ほんで、おついたち(6月1日)に、近くの舞子六神社(日本一大きなえべっさんの石像がある)に参ったら、えべっさんがこっち見て何か言いたそうにしてはってね。その日から朝晩のお勤めしてたら、ゲラゲラゲラゲラ笑いが止まらんようになってしもて・・・」と言いだしました。

 

※大丈夫か、義母! (*゚▽゚*)

 

 

毎晩、除霊にやってくるお好み焼き屋の女将に、「義母タカコは毎日お勤めの時にゲラゲラ笑ってるの?」と聞くと、「そやねん!こないだも笑って笑ってお勤めできなくて、最後には経本でバンバン私を叩きに来るから、除霊どころちゃうわー…叩かれたら、めちゃくちゃスッキリしたけど…」とのこと。

 

 

うーん、なるほど。

 

「そしたら、今からボンさんに相談してきたらどうですか? えべっさんが何を伝えに来られたのか知りたいし…」と言うことで、法要が終わってお疲れのボンさんを捕まえてきました。

 

 

▪️ボンさんの回答。  

 

「みなさん、えべっさんは見たことあると思いますが、えべっさんは鯛を持ってはるでしょ?あれ、食べないのに持ってるんです。」

 

えべっさんの好物は海老らしい…です。「海老で鯛を釣る」はここから来てるんですね。ƪ(˘⌣˘)ʃ

 

 

えべっさんは、自分が魚釣りが得意なんで、鯛を釣って人々に分け与えてる。つまり、自分が得意なことをして、人を喜ばせるんです。自分の得にもならないのに、全力の笑顔でするんです。」

 

「仕事や商売もそうですよね?自分ができることを他人の為にすることでお客さんを喜ばせてお金をもらう。」

 

「『周りが何を言おうと、良いことがあろうと、悪いことがあろうと、いつも同じように、心がぶれないようにして、機嫌よくこれをする…』ということを伝えたいそうです。」

 

とのことでした。

 

 

心の鍛錬。

平常心で居続ける修行。

 

これを伝えたくて、義母タカコに出てきた。

  

 でも、義母タカコは商売してるわけでもないし、いつも機嫌いいし、周りから色々言われることもない。。

 

えべっさんは、義母タカコに伝えるのではなくて、義母タカコを通して誰かに伝えに来られたんやと思いました。。

 

 

 

 

 

 

誰にや?

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワシにか     …    

 

 

そして、ブログを読んでくれたみなさんに。

 

 

………   とどけ! ヾ(๑╹◡╹)ノ"

 

 

 追伸、

事業が壁にぶち当たってる友人に、このえべっさんの話をしたら、「ええ話聞いた!」と生き返ってました。

 

彼は事務所にそれはそれは大きいえべっさんをお祀りしてるので、彼にも届けたかったのかも知れませんね。

 

 

 

ツイテル〜

ようやく義母タカコがいる嫁の実家に…

 

夕飯に美味しいお好み焼きを食べて、お店を終えたお好み焼き屋の女将も合流しての「浄霊お勤め」が始まりました。

 

お経を唱え始めてすぐに異変が…

 

 

シンドイ…

メチャしんどい。  _:(´ཀ`」 ∠):

 

 

座ってるのもツラく、うずくまってしまいました。

 

座るのも横になるのも許されない感じ。

 

その姿は、まさに「カエル」

 

ハッ!!! (´⊙ω⊙`)

 

キャンプ場で子どもたちが捕まえて死んでしまったカエルの霊が憑いたのか?…ヽ(;▽;)

 

それはナイか…

 

お勤めが終わっても動けません。

 

仏壇に近づけず、部屋の隅に逃げるように後ずさり。

 

すると義母タカコが、僕の名前を呼びます。

 

「こっちに来なさい」

 

*いや、無理です。ʅ(◞‿◟)ʃ

 

すると義母タカコが私の方に近づき、お経を唱え不動明王真言を唱えてもらい、背中に九字を切ってくれました。

*九字を切る、とは浄霊の所作の一つです。

 

身体がスーッと楽になり、ようやくまっすぐ座ることができて、浮遊霊も上がって行きました。

 

「北新地のラウンジでついた霊か?」と義母タカコに聞くと、「うーん、その霊は自分であげたんじゃない?」とのこと。

 

たしかに、北新地のラウンジで憑いた後で、夜中に素っ裸で窓の外に向かって不動明王真言を唱えることで楽になってたので、それで払えてたみたいです。

*やるやん、ワシ。 ╰(*´︶`*)╯♡

 

では、今回の霊はキャンプ場でキモダメシした時に憑いてきた霊なのか?…

 

はい、そうです。そのようでした。

 

キモダメシで行ったトンネルにはたくさんの霊がいたようです。

 

義母タカコが言うには、そのトンネルができる前に、その近くの道で白いト○タの乗用車にひき逃げされた親子が見えるそうです。

 

その運転手は飲酒しており、お酒の匂いがとてもするそうです。もし引き返していれば命は救われてたかもしれない。でも引き返さなかった。。

 

義母タカコはその車のナンバープレートも見えたようです。

 

まるで「超能力捜査官」みたいになってきましたが、なんとも可哀想な話です。

 

そして、そのトンネルには老婆もいたそうです。「こっちにおいでー」と言ったのはその老婆か…

 

いずれにしろ、キモダメシはあかんことですね。

 

次、同じキャンプ場に行ったら、お清めの塩を盛りたいと思います。

 

 

きもだめし

またまたやってしまいました…(╹◡╹)

 

週末、息子の仲良し友達家族達とキャンプに行きました。

 

過去何度も行ったことのあるキャンプ場。

 

高野山の麓にあるこのキャンプ場は、自然豊かで、キレイな川や人間を寄せ付けない滝があり、野生のタヌキやヘビがワンサカいます。

 

当然、夜は真っ暗闇(星明かりのみ) なので、息子や友達子どもを連れて、恒例行事の「きもだめし」をします。*大人は私だけ。

 

息子の友達はお化けや幽霊に慣れてませんが、息子はいつも嫁や義母タカコの影響からお化けをリアルに知っていますので、とても霊に臆病です。*パパはそれで良いと思っております。

 

なので、息子はいつもは途中で帰るのですが、今回は「僕も最後まで行く!」と鼻息荒くきもだめしに向かいました。

 

 

キャンプ場から離れ、闇が深く、超田舎の山奥の奥へ奥へと進んで行くと、何故かトンネルがあります。

 

そこは田んぼと田んぼを結ぶ背丈が低くて短い不思議な距離のトンネルがあるのです。

 

「なんでこんな所にトンネルがあるんやろね?」と子ども達と言いながら怖さを押さえつけながら、奥へと進んで行きました。

 

ちなみに子どもの年齢は7歳で、まだまだ幼いです。

 

トンネルを進んで行くと、トンネルの上の方から女の人の声が聞こえます。

 

「あ、おかあさん達が心配になって見に来たんかな?」と思い、子ども達が「おかあさん!おかあさん!」と声掛けました。

 

すると、「こっちおいで〜、こっちおいで〜〜」と言う声がします。

 

あれ?

トンネルの上は人がやってこれないような所にあります。

しかも、トンネルの外なのか中なのかわからない、どこか異次元みたいな所から聞こえてくる感じ。

 

敏感な息子が、「これはあかん!ヤバイ!早く帰ろう!」と言って、スタコラと逃げました。

ヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3

 

他の子ども達もさすがにあの声はおかあさん連中の声では無いと思ったのか、みんなでダッシュで逃げました。

 

キャンプ場に着くと、ママさん連中は普通に座ってました。

「どうしたの?みんな血相変えて…^_^ 」と、和やかですが、我々は洒落にならない形相で帰還しました。

 

 

先週の北新地のラウンジから引き続き、キャンプ場の霊もツイテルような気がします。

 

 

今週末、ようやく義母タカコに逢えます。

 

「たのむ、義母タカコ! 我より、浮遊霊を祓い清めたもれ…〜〜」   _:(´ཀ`」 ∠):

 

 

 

体が重く、微熱が続く義理の息子より。

 

北新地のクラブにて・・・

あかんことをしてしまいました。。。(T_T)

 

お客様と行きつけの北新地のクラブラウンジに行きました。

 

「北新地」とは大阪を代表する歓楽街。

 

そこにある、もう40年くらいやっている”かなりの老舗ラウンジ”です。

※そこのママはポールマッカートニーと同じ年だそうです。。

 

馴染みのホステスさんたちとワーワー騒いで遊んでたのですが、

ある新人ホステスが「霊的な話」をしだしました。

 

私も酔ってた勢いもあって、「そうそう!僕の義理の母がこうで、ああで。。。」と語りだしたとき、何やら変な感じになってしまいました。

 

私も長い経験から「霊がやってくる感じ」くらいはわかるようになってますので、

「あぁ、これは来たな・・」と思って、すぐにこの話を止めるようにしました。

 

その場はそれでおさまったのですが、その新人ホステスさんはそのあと他のテーブルについてたのですが、そっちの客をほったらかしにして私の隣にやってきました。

 

「どうしたん?あかんやん、勝手にテーブル離れたら。。ママに怒られるで」と伝えたら、「いや、実はさっきあんな話してから変な感じだったんですけど、さっき目の前を白い影が2体ほど飛び回ってるんですよ。。どうしましょう」・・・とのこと。

 

あかん。完全にあかんことしてしまった。。(ー_ー)

 

いちおう、彼女の背筋から首にかけて、「バンッ!」と叩いてその場は処理しましたが、なんとなく変な感じが続いてました。

 

そして、その翌日から今に掛けて、私はずーっと微熱が続いています。

 

義母タカコに相談しましたが、「自分で切りなさい」というお達し。

 

昨晩もなかなか寝れずに、なぜか深夜に素っ裸で窓を全開にしてお経を唱え、1時間ほど窓の外を見ながら手を合わしてました。。

 

すこし楽にはなりましたが、全く治ったとはいえません。

 

当分、義母タカコに会う予定もなく、自分で何とかしないといけない状況。。

 

 

ヤバイ

 

 

 

みなさん、夜のお店で「怖い話」をするのはやめましょう。(^o^)/

 

ジーダブリュー⑸ラスト!

あぁ、もう終わったかと思いきや、ラストにとても上品なおじいさんが出てこられました。

 

カモン  (๑•ૅㅁ•๑)

 

なんでも、龍神さんを深く信心されてた方だったそうで、上がりたくて上がりたくてずーっと待ってらしたそうです。

 

嫁が毎朝唱える「ある菩薩さんの真言」を聞いて、遠くからわざわざ憑きに来られました。

 

ずーっと前から「あの世」に上がりたかったけど、なかなかタイミングがなく、ようやく順番が回って来た…という感じだそうです。

 

「ここに来れば必ず上げてもらえる」と言う安心した気持ちで来られたそうで、義母タカコに会えるのを心待ちにしてたそうです。

 

 

なので、上がる気満々。

 

*これはいい!٩(^‿^)۶

 

 

みんなで龍神祝詞を唱え、上がる体制を整えました。

 

するとこのおじいさんは、とても小さい声でしたが、私にだけ聞こえるように、「このご恩は必ず…ヽ(´ー`)」、「行ってまいります…m(__)m」と言って丁寧に上がっていかれました。

 

 とても清々しく上がられました。

 

 

このゴールデンウィークで出会った四名の「あの世の方達」との交流日記でした。

 

 

色々と考えさせられる方達ばかりでしたが、出会えて良かったな…と心から思える方達でした。

 

ありがとう、みなさん。

お陰でとても深い「ジーダブリュー」を過ごせました!

 

 

いつかあの世で会いましょう。ヽ(^o^)

 

 

LOVE 

 

 

ジーダブリュー⑷ 絵を描きたかった…

続けて出てこられた方。

 

ボソボソ…ボソボソ…

 

何を言ってるのかわかりません。_φ( ̄ー ̄ )

 

 

 子どものような感じですが、子どもではない女の子。

嫁曰く、「15歳以上20歳未満の女の子」という年頃だそうです。

 

あまりにも小さい声なので、「ごめんなさい、聞こえないから、もう少し大きく話してくれますか?」と言うと、「話してもいいんですか?喋ってもいいですか? 『お話をしてはいけない』、と言われてるんです…」とのこと。

 

どうやら彼女も病院で闘病中に亡くなった方で、「何もしてはいけない、病気がひどくなるから…」と言われ続けたそうです。

 

「何をしてもいいのよ。もう病気も無いからね。何かしたいことがあれば言ってごらん。」と義母タカコが言うと、「いいんですか? 何をしても…。私はずーっと絵を描きたかったの。描きたくて描きたくて仕方ないのに、お母さんが『ダメ!』と言うの…」と彼女。

 

義母タカコは、「あなた、目が悪かったんでしょ? だから、絵を描くと目がひどくなるから、お母さんはあなたに少しでも長生きして欲しくてそう言ったのよ。ゆるしてあげてね。」

 

「私は絵を描きたかったの!絵を描いて絵を描いて死んでいきたかった。。」と号泣。

 

 

いつもは、お酒やオニギリを所望されることが多いですが、この方は「色鉛筆」と「紙」でした。

 

さっそく、紙とサインペン、クレヨンをわたすと、サラサラサラ〜〜と描きだしました。

 

描かれた絵はこれです。

 

f:id:Jack-u:20170507123315j:image

 

なかなか上手ですね。

*ちなみに嫁はこんなに上手ではありません。(^◇^;)

あと、もう少し薄い紫色が必要だったようです。

 

 

「そろそろあっちに行きましょう」と言うと、

「いや! あっちに行けば何もできないでしょ?私はこの人(嫁)に憑いて、ずーっと絵を描いときたいんやから!」とかなりのゴネ・モード。ᕦ(ò_óˇ)ᕤ

 

でも、あの世は「想念の世界」と言いますから、思ったことは何でもできると言います。

 

 

「あの世に行ったら、好きなだけ絵を描けるそうですよ。」と伝えると、彼女はとても嬉しそうに「え?! そしたらあっちに行きます。どうしとったらいいですか? どうしたらあの世に上がれますか!? 」と言うので、彼女に数珠を持たせて手を合わせ、「オンアロリキャソワカ」と唱えておくように義母タカコが言いました。

 

そして我々は、「延命十句観音経」を唱え、上げる体制を取りました。

 

すると、 たちまち「観音さん」が出迎えに来てくれて、彼女はスーッと上がっていかれました。

 

 

うーん、なんか不憫でしたね…

 

でも、お母さんの言うのも分かりますよね。

 

どうせ死ぬなら、好きなことしてあげたかったんでしょうけど、1日でも長く生きて欲しいと思うのも分かります…

 

彼女が上がり、私と嫁、義母タカコでひと段落してたら、またまた「どなたか」が出てこられました。

 

 

「次の方どうぞ   ヽ(´ー`)  …」って感じで。

 

 

 

続く…

 

ジーダブリュー⑶ 薬の後遺症…

続けて出てこられましたのは、「薬を飲まされて身体も固まってしまったおばさん、(もしや、お姉さん)」です。

 

何かの病気で入院して、「この薬を飲めば治る」と言われ飲み続けましたが、よくなるどころか、身体が固まって手のひらを広げれなくなってしまった。。

 

嫁は「どこかの病院で入院している」感覚だったそうです。

 

「あなたはおいくつですか?」と聞いたら、「40…」と言ってましたが、それが年齢なのか、今から40年前なのかはわかりません。

 

ただ、嫁の感覚としたら、「戦後」のような感じだったそうです。

 

この方、なかなか上がろうとしません。(^^;

 ねばります。

 

お経を唱え、数珠を持たすと…

 

「やめてー!何よこんなもの。私は絶対あっちになんて行かないわよ!勝手に薬を飲ませて『これでよくなる、これでよくなる』ってウソついて。私の人生メチャクチャやないの!

私は絶対この子(嫁)から出ないわよ。可愛らしい服着て、美味しい物食べて、もっと私も楽しむんやから。この子(嫁)がガリガリになって、死ぬ直前までおってやる。絶対出て行かないわよ!」…と大声で喚きだしました。。

 

*これはあかん…   Σ(-᷅_-᷄๑)

 

でも、聞いてる内に私もこの方が可哀想になってきました。

ぽろっと、「可哀想に…」と私が言ってしまったら、火に油を注ぐことに…

 

「何が可哀想によ!あなたに何が分かるのよ!そうやって、可哀想にと言って、ずーっと薬を飲ませて私をメチャクチャにしたんでしょう!絶対あっちになんて行かないわよ!ワー!!!」と叫ぶ。

 

しかしながら、こうした浮遊霊さんの場合、さんざん自分の「負の感情」を出した後は、すーっと上がる体制になることは経験済み。

٩( 'ω' )و

 

*しかも、私の前世は「聞き上手な街の娘」

 

この方の話をマイナスの感情が出尽くすまで聞いてあげました。

 

すると、この方もゆっくり手を合わせ始め、「失礼なことを言ってごめんなさい。本当に申し訳なかったです。向こうに行かないといけないのは分かってます。行く気持ちになりました。私が行ってからで良いので、『黄色い甘いジュース』を供えてもらえますか?」と言うので、「わかりました。安心して上がりましょう」とお伝えし、みんなで光明真言を唱えたら、すーっと上がって行かれました。

 

その後、スーパーに「黄色い甘いジュース」を買いに行きました。

 

あの時代のジュースなので、てっきり「バヤリス」かと思い、それに似た味の「ナッチャン、オレンジ味」を買おうとしたら、義母タカコが「これちゃう?」とミックスジュースを指すのですが、「いや、ミックスジュースは黄色じゃないでしょう」と私は「ナッチャン」を嫁に持って行きました。

 

嫁、「違う、それじゃない」

 

エッ   Σ('◉⌓◉’)

 

オレンジ100%の紙パックを持って行っても「違う」と言います。

 

業を煮やした嫁が、自らジュース売り場に行き選ぶと「ミックスジュース」を選択しました。

 

義母タカコは分かってたんですね、、(^^;;

 

「でも、ミックスジュースは黄色くないのに」と思ってお供えしたら、しっかり黄色かったです。(^^;

 

やれやれと思ってたら、またまた嫁がドヨーンとしてる。。

 

 

 ハッ!  (´⊙ω⊙`)

 

もしや、まだ誰か居るのか?と思ってたら、またまた「どなたか」が出てこられました…

 

続く…